食・農活

パオロ事務局長の美食の旅~和牛「但馬玄」編~

味の変化に気づいたのは、固定客だった。

「地元の産直で、うちのものを選んで買ってくれていたお客さんから美味しくなったと言われて。自分の舌で確かめてみると、脂身がしつこくない!と実感しました」。

上田さんは、食品検査機関に調査を依頼。脂身の融点が低く不飽和脂肪酸が約70%を占め、脂の融点も12.4度という良質な牛肉であることがわかった。

tajima_05
<有馬温泉の老舗旅館「御所坊」のディナーになった但馬玄。「御所坊」は、上田畜産が直接流通を始める前から買い支えてきた。>

自信を得た上田さんは、独自流通に乗り出した。現在は、加工施設と食肉技術者を抱え、と畜場から戻った枝肉を自社加工。地元のレストランや、車で2時間ほどの距離にある有馬温泉の旅館、個人顧客などに直接販売している。

また、牛の排泄物を超高温発酵させた堆肥は、それを敷料にして牛舎へ戻す「戻し堆肥」となる。さらには、兵庫県名産の酒米「山田錦」の田んぼに入れることも決まっているという。

tajima_06
<牛の糞尿は発酵させ、敷料にして牛舎へ戻す。糞尿が再利用でき、オガクズなどの敷料代の節約にもなる。>

「昔の農家は、雪に閉ざされる冬は杜氏として酒蔵に出稼ぎに行き、留守の間に妻が子牛を産ませて翌年の農作業に備えていました。米と牛とお酒は、すべてつながっていたんです」と目を輝かせる妻の美幸さん。

上田さん夫妻は、和牛在来種「但馬牛(たじまうし)」を継承し、経済的価値を生み出しながら、地域に根ざした物語を紡いでいる。

「在来種の血統と継承の物語を持ち、持続可能な方法で小規模生産され、高い経済的価値を生んでいる上田さんの但馬牛は、スローフードムーブメントの理想形」とパオロ事務局長も太鼓判を押した。


兵庫県美方郡香美町小代区神水738番地
TEL:0796-97-2929/FAX:0796-97-2915
公式サイト

[直営店]
但馬牛牧場・上田畜産直売店 城崎温泉 牛匠 上田
公式サイト

城崎店
TEL: 0796-32-4129/FAX: 0796-32-2955
営業時間: 10:00~18:00 (水曜定休)

小代店
TEL: 0796-97-2929/FAX: 0796-97-2915
営業時間: 10:00~18:00 (木曜定休)

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 憧れの田舎暮らし! 移住体験ができる人気宿7選!
  2. 全米が注目!最新農業都市モデル「アグリフッド」
  3. 家賃3万円の別荘!? 週末田舎暮らしで移住体験!
  4. 千葉県八街市で収穫! 週末菜園クラインガルテン
  5. 2050年は江戸時代?未来に生きるための農業の在り方。
  6. 日本に根付く天然資源「稲わら」の活用法とは?
  7. 全国で大流行! 移住で叶える憧れの“小屋暮らし”
  8. あの有名店シェフ2人が、新プロジェクトを始動!?
  9. 領土問題の解決法!?「積極的平和」でピース実現!
  10. 100人いれば100通りの意味「アグロエコロジー」って?
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.06 / ¥1000
2018.11.30 発売

お詫びと訂正