食・農活

全米が注目!最新農業都市モデル「アグリフッド」

ご近所農家をご近所住民が応援しながら、新鮮な野菜や農風景を楽しめる住宅地「agrihood(アグリフッド)」が米国で注目されている。暮らすのは食や環境に関心がある人々。今回は、都市型生活者の新しい「農活」ムーブメントとして、そんなアグリフッドの中から注目の2例を紹介したい。

都市型アグリフッド
「The Cannery(ザ・カナリー)」

「The Cannery(ザ・カナリー)」は、都市型アグリフッドだ。デイビス市街地やカリフォルニア大学デイビス校まで自転車で約20分の近さ。
アグリフッドは既存農地を活用することが多いが、「The Cannery」はトマトの缶詰工場(cannery)を農地と宅地に戻した点がユニークで、都市農園を作るモデル手法としても注目されている。元は工場なので、理想的な土に戻すには土壌改良が必要となる。

そして、そんな土地で農業をするのは農地調達が困難な新規就農者たち。実は「The Cannery」はインキュベーションファーム(就農者育成農園)にもなっているのだ。

宅地開発をする「The New Home Company(NWHM)」は、農地をデイビス市に譲渡し、市が就農支援NPO「Center for Land-Based Learning(CLBL)」に貸す仕組みだ。

CLBLのプログラム卒業生は「The Cannery」で生産をしながら、地域住民を顧客にして成長することができる。住民は、その新鮮な食材を定期購入や農場拠点「The Barn」のファーマーズマーケットで購入でき、農場ツアー等のイベントで「農」に触れることもできる。

1234

関連記事

アクセスランキング

  1. 初めての家庭菜園、ミントを育ててモヒートを作ろう
  2. 領土問題の解決法!?「積極的平和」でピース実現!
  3. 自然の恵みを感じよう! 森の中で楽しく暮らすコツ
  4. スマホでマルシェ!? 食のお買い物がおもしろい!
  5. 半農半X――加藤登紀子とYaeの生き方
  6. 2050年は江戸時代?未来に生きるための農業の在り方。
  7. 同僚と行きたい! 東京駅近くの次世代カフェ
  8. 世界で餓死する4万人を救う流行の最先端アプリとは
  9. 【11/19まで】次世代漁業ライフ&ビジネス専門誌『FISHERY JOURNAL』支援者様募集中!...
  10. 女子会にデート……都内で人気の野菜推しカフェ4選!
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.06 / ¥1000
2018.11.30 発売

お詫びと訂正