エネ活・最新技術

若きビルオーナーが 決意した“Go Green”ビジネス

高層ビルがひしめくニューヨークに、一際背の高いビルがある。47階建てのビルの屋上には、一面に敷き詰められた太陽光モジュール。取材に対応してくれたのは、まだ若きオーナーだった。

ビジネス的にも有利
10万ドルの節約に

太陽光発電システムを屋上に設置したビルオーナーのダン・ナイデイッチさん。

その理由について、「ビルで使うエネルギーを節約し、環境保全に貢献したかった。そして“Gogreen”(環境にやさしい生活をおくる)ビルとして注目されることで、より多くの人たちにエコの意識を感じてもらいたかった。

ビジネス的にも有利だと思ったからね。国や州政府からのリベートとして、10万ドルの節約にもなるんだ」と語った。

ビル内にLED電球を
取り付けることから

ダンさんはチャリティー活動に熱心な家庭で育ったため、自身も環境保全への取り組みはごく“当たり前”のことだった。

ビル完成時は予算が足りず、ビル内にLED電球を取り付けることから、ダンさんの環境保全が始まった。そして4年後、政府によるリベートプログラムが始まり、いよいよ太陽光発電の設置を決意する。

「おかげで、ビル内で働く皆から感謝されているよ。他にも、僕は太陽光発電のメリットを他のビルオーナーにも伝えるようにしているんだ。地球がより健康になるために、太陽光発電は非常に価値があることだからね。まずは人々の考え方を変えていくことが大事なのさ」。


取材・文/安部かすみ

※『SOLAR JOURNAL』vol.14 より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 憧れの田舎暮らし! 移住体験ができる人気宿7選!
  2. 初めての家庭菜園、ミントを育ててモヒートを作ろう
  3. 女子会にデート……都内で人気の野菜推しカフェ4選!
  4. 家賃3万円の別荘!? 週末田舎暮らしで移住体験!
  5. 全米が注目!最新農業都市モデル「アグリフッド」
  6. 無料の“農業ワーキングホリデー”で農家体験してみる?
  7. 里山で問題になる「竹害」。そのユニークな対策とは?
  8. 里山を「シェア」して、田舎暮らし体験が楽しめる!
  9. 農業+アウトドアが楽しめる“農活グッズ”8選!
  10. あの有名店シェフ2人が、新プロジェクトを始動!?
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.06 / ¥1000
2018.11.30 発売

お詫びと訂正