地方・移住・旅

激安で手に入るドイツの庭「クラインガルテン」って?

ドイツでは生活の一部になっているクラインガルテン。家に庭がない場合でも、都会で庭とは無縁の生活をしている人でも、誰もが安らげる小さな庭を持つことができるのだ。

都会生活に安らぎをもたらすドイツのクラインガルテン

ドイツでは「クラインガルテン」が生活に根付いている。

「クラインガルテン」とは、家に庭を持たない人たちが土地を借りて「小さな庭」を作ること。都会でアパート生活を送る人々が、郊外に庭を借り、そこで野菜を作ったり、自然の中での生活を楽しんでいる。
住むことは許されないが、小屋を建てて週末に泊まるのはOKだ。

20年から30年契約で土地を借り、場所にもよるが300㎡で年間2万円から3万円程度と格安である。車で10分から30分程度の近場に借りる人が多く、週末だけでなく、ちょっとした空き時間に気軽に出かけるのが、クラインガルテンの楽しみ方。
子供用に遊具を置いたり、夏場はパーティを開いたり、ちょっとした社交場もなっている。


text :Riho Taguchi

※『EARTH JOURNAL』vol.1より転載

関連記事

2017/04/13 | 地方・移住・旅

福島で農業体験、復興を応援しよう!

アクセスランキング

  1. この秋おすすめ! マルシェ&ファーマーズマーケット
  2. 連続テレビ小説『ひよっこ』の有村架純、農業を語る
  3. 子供たちが使うカバンが、ソーラーで光る机に変身!
  4. 岩手県の二つ星レストランで新米や希少食材を堪能!
  5. 菜園で、キッチンで生まれる 特別な信頼関係
  6. 表現するメディア「フェアトレードファッション」とは?
  7. オーガニックコットンで起業。その成功の秘訣って?
  8. 都市の人たちが、農村に向かう目的を作るには。
  9. メガソーラーがムラを救う! 農地再生プロジェクト
  10. かつて都市にいた若者達が、農業を選ぶ理由
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.05 / ¥500
2017年9月30日発行

お詫びと訂正