地方・移住・旅

荒れ果てた8千枚の棚田が、破天荒な方法で復活へ

岡山県美作市上山集楽というところで、荒れ果てた棚田が再生されつつある。そしてその中心にいるのが、今回話を聞いた、西口和雄氏だ。

岡山県美作市(旧英田町)上山地区は、岡山県北部の中山間地に位置し、8300枚約100ヘクタールの棚田が広がっていた農村地帯。高齢化と担い手 不足によって、荒廃していたこの地域に2007年、今回協力していただいた西口和雄さんを中心とする都市住民グループが、「英田上山棚田団」(2011年 NPO法人化)を組織、耕作放棄地となった棚田の再生に関わっている。

2010年には、美作市地域おこし協力隊(通称 MLAT)が実際に美作市に移住、 棚田の再生に携わるなど、耕作放棄地再生において、西日本でも注目すべき地域となっている。昨年末には、日本ユネスコの「プロジェクト未来遺産」にも登録された。

DSCN0406

――上山集楽で取り組みを始めたのは、どういう理由で?

西口さん:そもそものきっかけは、阪神大震災。もともと大手建設メーカーで、ビルばっかり建てていたんです。それが一瞬で崩れ去った。「自分のステージは、本当に都市なのか。田舎は崩れないし、すぐ再生もする」……自問自答したんです。棚田では、何かあってもほとんど住民が直しちゃう。コミュニティが完成してるんですよ。行政に「どうにかしてくれや」と言ってる世界じゃない。モビリティの最先端だし、棚田の景観を維持しようとしてる。しかも、弥生時代から! ずっと努力をしてきた人たちに、価値が与えられてないんですね。棚田は、どんなに小さい区画でも、一枚は一枚。複雑だし絶対「規格商品」にはできない。田んぼによって条件は違うし、生態系までもが違う……この棚田は、世界遺産にするべきじゃないのって思ったんですね。

0606_05
荒れ果てた棚田を再生に導く、驚きの手法その1。西口氏は、「野焼き」を選択した。もはや「山火事」にしか見えないこの作業の結果(もちろん安全は確保)、雑草に囲まれていた(が、ずっとそこにあった)棚田と、それを支える由緒ある「石垣」が姿を現したのだという。

――上山集楽には、約8300枚の棚田があるとか。一体何人くらいでケアしているんですか?

西口さん:現地人として8家族。そもそもの村の人が6家族+アルファかな。でも都市部から年間2500人くらいボランティアに来てくれる。「棚田大学」という、ワークショップのような事をやったりして。僕らの活動を体験してもらって、一緒にやりませんか、と。現在、上山集楽には原住民が67世帯で176人いるんですよ。これを300人にしたいよねって言ってるんです。また年齢層も現状は65歳以上が48パーセントくらい。準限界集落くらいになっているんで、それを一気に30年若返らせるか!?っていうプロジェクトも。実現したら、あと3年くらいで、棚田8300枚を完全再生できるねっていう目論みなんです。

12

関連記事

アクセスランキング

  1. この秋おすすめ! マルシェ&ファーマーズマーケット
  2. 連続テレビ小説『ひよっこ』の有村架純、農業を語る
  3. 子供たちが使うカバンが、ソーラーで光る机に変身!
  4. 岩手県の二つ星レストランで新米や希少食材を堪能!
  5. 菜園で、キッチンで生まれる 特別な信頼関係
  6. 表現するメディア「フェアトレードファッション」とは?
  7. オーガニックコットンで起業。その成功の秘訣って?
  8. 都市の人たちが、農村に向かう目的を作るには。
  9. メガソーラーがムラを救う! 農地再生プロジェクト
  10. かつて都市にいた若者達が、農業を選ぶ理由
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.05 / ¥500
2017年9月30日発行

お詫びと訂正