エネ活・最新技術

自転車をこいで発電、囚人の刑期短縮に!?

犯罪率の高いブラジルの刑務所で、自転車を使った少し変わった更生プログラムが行われている。その驚きの施策とは? 現地裁判官に直接取材!

自転車8台で8時間
街灯32個分のエネルギー

ブラジルのミナスジェライス州にある刑務所では、囚人が自転車をこいで発電した電力分、刑期短縮するという取り組みが行われている。これはエコ意識の高いHenrique Mallmann裁判官がはじめたものだ。

現在、刑務所には自転車が8台設置されており、囚人は9時から17時にかけて自転車をこぐことができる。自転車をこいで生み出された電気は、街灯32個分のエネルギーへと変換される。

夜道が明るくなるため、住民の評判もいい。将来的には家庭用電気に変換できるようにしたいと裁判官は語る。

囚人の80%が参加希望
社会貢献にもなる取り組み

この施策は刑期短縮だけでなく、「社会に貢献している」と囚人に実感してもらうための更生プログラムでもある。ただ現状、80%以上の囚人がこの取り組みに参加したいと声を上げている中、実際には受刑者140人中12人しか参加を許可されていないという。

ちなみに、読書量に応じて減刑するプログラムも同時に行っているそうだ。

 

関連記事

2016/05/30 | キーパーソン

Negiccoが巻き起こす! 地方創生

アクセスランキング

  1. 憧れの田舎暮らし! 移住体験ができる人気宿7選!
  2. 家賃3万円の別荘!? 週末田舎暮らしで移住体験!
  3. 高杉真宙「果物の皮を剥くたびに、思い出すこと」
  4. 初めての家庭菜園、ミントを育ててモヒートを作ろう
  5. 2050年は江戸時代?未来に生きるための農業の在り方。
  6. 自然の恵みを感じよう! 森の中で楽しく暮らすコツ
  7. 全米が注目!最新農業都市モデル「アグリフッド」
  8. 100人いれば100通りの意味「アグロエコロジー」って?
  9. 農業+アウトドアが楽しめる“農活グッズ”8選!
  10. 女子会にデート……都内で人気の野菜推しカフェ4選!
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.06 / ¥1000
2018.11.30 発売

お詫びと訂正