社会・環境

2050年は江戸時代?未来に生きるための農業の在り方。

ワールドシフトネットワークジャパン代表理事の谷崎テトラによる連載コラム「ニューブリードの時代」。省エネルギー、完全リサイクルの江戸時代へと回帰した日本での暮らしは、1日3時間半働けば暮らせる晴耕雨読の生活。必要なモノは簡単につくれる自給自足社会。こういった未来はおこりえるのだろうか?

アグロエコロジーと資源リサイクル社会

石川英輔さんの「2050年は江戸時代」という近未来SFがある。石油が枯渇し、工業化の行き過ぎで行き詰まり、それ以後、生活全体を見直しながら農業社会を作り上げるという未来の日本を描いたSFだ。出版されたのはいまから20年前の1995年。

当時は江戸ブームのなかで江戸時代って循環型社会で面白いなあと思っていたのだけど、気がついたらあと35年。妙なリアリティが感じられるようになってきた。

省エネルギー、完全リサイクルの江戸時代へと回帰した日本での暮らしは、1日3時間半働けば暮らせる晴耕雨読の生活。必要なモノは簡単につくれる自給自足社会。木工、金工、職人たちがかっこいい。
地域コミュニティが復活し、ローエネルギーで暮らす、懐かしい未来の風景だ。

こういった未来はおこりえるのだろうか?
その鍵は「石油」にある。国際エネルギー機関(IEA)は、2006年に在来型の石油生産のピークをむかえたことを認めたが、非在来型の化石燃料に移行したとしてもいずれ化石燃料は枯渇する。

石油はすべての工業製品の95%に直接または間接的に使われている。米シェールオイルのピークは2021年といわれる。ウランも85年で枯渇するといわれる。

123

関連記事

アクセスランキング

  1. 続・農業×エネルギー完全読本! アースジャーナル vol.06 発売中!
  2. 入場券をプレゼント!バラとガーデニングショウ開催
  3. 若者とおばあちゃんが起こすICTを使った町おこし
  4. ペロペロキャンディの棒を土に埋めるとラベンダーが収穫できるって本当?
  5. 地ビールの先駆者から学ぶ とっておきの“原料”
  6. 雑誌『アースジャーナル』vol.03 発売中!
  7. 大好評! 農業体験ができるサイクリング・ツアー!
  8. 47都道府県が味わえる新感覚レストランが銀座に登場
  9. 憧れの田舎暮らし! 移住体験ができる人気宿7選!
  10. 日本に根付く天然資源「稲わら」の活用法とは?
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.06 / ¥1000
2018.11.30 発売

お詫びと訂正