エネ活・最新技術

ストックホルムの郊外で 夢見たエコライフ生活

今や世界のエネルギーのメインストリームとなった再生可能エネルギー。 スマートエネルギーのテストプラットフォームとして建てられた家を買ったヨーゲンショー一家を取材。それは「究極にエコなライフスタイル」への旅の出発点だった。

ストックホルムの郊外で
夢見たエコライフ生活

ヨーゲンショー一家は環境保護にとても熱心な家族だ。ひと昔前、「環境に優しい生き方というのは、『エコ・オタク』のような限られた人だけが実現できるものだ」と半ば諦めていたが、2年前にストックホルムの郊外・ヘッセルビーに「プラス・エネルギー・ハウス」を購入したこと、彼らが夢見たエコライフスタイルをすぐに手に入れることができたのだという。

この家はスウェーデンの有名建築家・ゲルト・ヴィーンゴルトによるカスタムメイド。南側のファサードと屋根には、ソーラーパネルが自然にデザインの一部として馴染むように備え付けられている。

「この家がどのぐらい電気を創り、僕たちがどのぐらい消費しているのか……電気を毎日チェックすることで、今の暮らしがどのくらい環境に優しいかを考えるようになる。まるで、より持続可能な生き方をするように自分自身と競っているような感じ」(ジョン/家主)。

家族の生き方についても
考えるきっかけにもなった

リサイクルをしたり、環境に優しい食べ物だけを食べるようにしたりしても、そのようなライフスタイルにおける環境貢献の結果をハッキリとした数字で見ることはできない。しかしソーラーパネルがあれば、どのくらいエネルギーを節約したかをすぐに見ることができる、とジョンは実感している。

「近所の人はみんな我が家に興味があるみたいだね。ソーラーパネルによって節約できた金額を聞くと、彼らも自宅にソーラーパネルを設置したいと言っているよ」。

ジョンたち一家にとって、この家を購入したことは、持続可能な生き方、家族の生き方について考える自然なきっかけにもなった。その結果、彼らは、飛行機での旅行を避けるようになり、現在、車の所有もしていないという。
「ぜんぜん不自由じゃないよ。むしろ車に乗ることは、環境に優しい私たちの家が、もたらしてくれることがすべてダメになる気がしたんだ」(ジョン)。

SJ_LIF20160223_2b

移動の為のエネルギーは
全て自分でつくる

その代わりに彼は、自転車に電動アシストをつけることを考えた。

「私の息子・ニルスは私と一緒に自転車に乗って、スーパーマーケットに行くのが日課。ラッシュ時にストックホルムへ通勤するときも、ノロノロ運転の車より時速20kmは速い(笑)。

電動アシストの電力はすべてソーラーパネルから賄っているから、移動のためのエネルギーは全て自分でつくっているんだ。とっても素晴らしい気分だよ!」。

SJ_LIF20160223_3


撮影・取材・文/マッティン・エケリン

※『SOLAR JOURNAL』vol.14 より転載

 

関連記事

2017/08/30 | 編集部からのお知らせ

農業の先を行く 最先端・農ファッション

アクセスランキング

  1. 初めての家庭菜園、ミントを育ててモヒートを作ろう
  2. 領土問題の解決法!?「積極的平和」でピース実現!
  3. 自然の恵みを感じよう! 森の中で楽しく暮らすコツ
  4. スマホでマルシェ!? 食のお買い物がおもしろい!
  5. 半農半X――加藤登紀子とYaeの生き方
  6. 2050年は江戸時代?未来に生きるための農業の在り方。
  7. 同僚と行きたい! 東京駅近くの次世代カフェ
  8. 世界で餓死する4万人を救う流行の最先端アプリとは
  9. 【11/19まで】次世代漁業ライフ&ビジネス専門誌『FISHERY JOURNAL』支援者様募集中!...
  10. 女子会にデート……都内で人気の野菜推しカフェ4選!
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.06 / ¥1000
2018.11.30 発売

お詫びと訂正