エネ活・最新技術

世界で最も太陽熱が盛んな国「北京の太陽熱ライフ」

中国は太陽熱エネルギー大国。2013年の温水器累計設置容量は世界の70%で、太陽熱温水器の生産量も世界1位だ。そんな中国・北京に住む一般家庭の太陽熱利用のストーリー。

太陽熱を導入してから
躊躇なくお湯が使える生活に

オウヤン・シャンピンさんは2000年に家庭用湯沸器を交換する際にソーラーパワー(太陽熱)を導入した。

「設置するまで水圧や冬場の状態などが心配だったが、使ってみたら簡単なことだった」と振り返る。中国の40代後半以上の世代が皆そうであるように、オウヤンさん一家は冬でもシャワー以外の用途には節約して冷水を使う生活をしてきた。ところが、太陽熱を導入してからは、躊躇なくお湯を使う生活に変わった。水仕事も温水を使い、冬の夜はテレビを見ながら足湯を楽しむ習慣もできた。

「せっかくお天道様がくれたものなのに、なぜ使わない? という気持ちになったから。居心地は良いままでも、エコな生活はできるんです」(オウヤンさん)。

それまで環境について考えたこともなかったオウヤンさんだが、温水器の導入とともに、エコなライフスタイルを身近に感じるようになったとか。

また、中国の著名な環境保護NGO「自然の友」(FRIENDS OF NATURE)から教わった酵素肥料を使った家庭菜園や、生活排水の再利用も導入した。

太陽の恵みが心と生活を豊かにしてくれる、お湯で洗濯するオウセンさんの笑顔こそ、その証しに違いない。


写真/佐渡多真子
取材・文/斉藤ジュンコ

※『SOLAR JOURNAL』vol.14 より転載

関連記事

2017/08/30 | 編集部からのお知らせ

農業の先を行く 最先端・農ファッション

アクセスランキング

  1. 初めての家庭菜園、ミントを育ててモヒートを作ろう
  2. 領土問題の解決法!?「積極的平和」でピース実現!
  3. 自然の恵みを感じよう! 森の中で楽しく暮らすコツ
  4. スマホでマルシェ!? 食のお買い物がおもしろい!
  5. 半農半X――加藤登紀子とYaeの生き方
  6. 2050年は江戸時代?未来に生きるための農業の在り方。
  7. 同僚と行きたい! 東京駅近くの次世代カフェ
  8. 世界で餓死する4万人を救う流行の最先端アプリとは
  9. 【11/19まで】次世代漁業ライフ&ビジネス専門誌『FISHERY JOURNAL』支援者様募集中!...
  10. 女子会にデート……都内で人気の野菜推しカフェ4選!
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.06 / ¥1000
2018.11.30 発売

お詫びと訂正