編集部からのお知らせ

農業の先を行く 最先端・農ファッション

着やすく、丈夫で、おしゃれ! 先人たちが紡いだ技術や意匠、記憶をも含んだ素材を現代のファッションに昇華させたアイテムを紹介。「技術と伝統を繋ぐ一着」に出会える!

気負わず着られる
普段着和装に甚平のススメ

和ROBExBIGJOHNxSURT DENIM JINBEI INDIGO
¥30,000

普段着として取り入れたくなる現代の和装スタイルを提案する「和ROBE」が、アパレルブランドSURTとデニムメーカーの老舗BIGJOHNとコラボレーションし、通常では展開しない甚平を発表。さりげないデザインは花火大会などのイベント時だけでなく、普段の暮らしにもなじむ1枚。半纏とイージーショーツのセット。
問/TROVE

久留米絣の心地良さが
リラックスウエアの新定番に

儀右ヱ門(ギエモン)もんぱん エ732
¥9,000

日本三大絣のひとつ、久留米絣のもんぺに、現代風のデザインを取り入れた「もんぱん」。200年続く伝統の技法で、現代風の柄やカラーリングを実現。着るほどに肌に馴染み、風合いの良い生地は着心地も抜群だ。デニムに多く用いられる技術で縫製されているため、屋外でも安心して着られる。
問/オカモト商店

地下足袋と草履の融合を
西洋の伝統技術が彩る

≪義志≫足袋草履
¥24,000

伝統と革新の境界を取り払い、日本人ならではの服飾デザインとスタイルのあり方を追求するブランド「義志」の足袋草履。スペインの革職人が染め上げた上質なベロア革を使用した、地下足袋底のストラップ草履は、長時間の歩行でも安定感のある履き心地。まさに和と洋の伝統技術がマリアージュした一足だ。
問/フリウ

武士の勝かちいろ色を纏って。
藍染剣道着がキャップに

W@nder Fabric KENDOCAP TYPEーA
¥8900

着物生地の魅力を掘り起こしキャップを制作するW@nder Fabricから、武州正藍染の高級刺子生地のキャップが発売。創業明治5年の小島染色工業が剣道着として製作する希少な最高級織物を使用。ふっくらと厚みのある生地に、洗いをかけたヴィンテージ感のあるブルーで普段のワードローブにも取り入れやすそう。
問/W@nder Fabric


text: Makiko Fukuda

『AGRI JOURNAL』vol.4より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 初めての家庭菜園、ミントを育ててモヒートを作ろう
  2. 自然の恵みを感じよう! 森の中で楽しく暮らすコツ
  3. 2050年は江戸時代?未来に生きるための農業の在り方。
  4. 陸上養殖の搬送に最適! 「圧力用高密度ポリエチレン管」の強みとは?
  5. 日本が世界に誇る伝統の農業! 世界農業遺産とは?
  6. 憧れの田舎暮らし! 移住体験ができる人気宿7選!
  7. 全米が注目!最新農業都市モデル「アグリフッド」
  8. 銀座の文房具店も、「店産店消」始めてみました
  9. 【11/19まで】次世代漁業ライフ&ビジネス専門誌『FISHERY JOURNAL』支援者様募集中!...
  10. ベランダでできるエディブルガーデンのはじめ方
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.06 / ¥1000
2018.11.30 発売

お詫びと訂正