エネ活・最新技術

新しい住居のかたち? 究極のモバイルハウス

コンパクトな設計ながら、大人2人が十分に生活することができる「エコカプセル」。太陽光発電、風力発電が可能で、雨水利用のシステムも完備。日本でも注文可能となるという、夢のような商品を見てみよう。

どこへでも移動可能
地球に優しいマイホーム

「ECOCAPSULE(エコカプセル)」は太陽光と風力によるオフグリッド生活を可能にする究極のスマート&モバイルハウス。スロバキアに拠点を置く建築事務所・ナイスアーキテクツが設計した。
全長4.45m、全幅2.25m、高さ2.55m(風力用ポール込みで4.5m)というコンパクト設計ながら、出力は太陽光と風力がそれぞれ600Wと750W、10kWhの蓄電池を備えている。雨水利用の仕組みもあり、飲料水の自給も可能だ。

室内にはベッドやテーブルなどの家具のほか、キッチンやトイレ・シャワーもあり、収納スペースも確保。大人2人ほどで生活するのには十分だろう。

特筆すべきはモビリティの高さ。トレーラーハウスのように自動車での牽引はもちろん、屋根のフックを使えばヘリでも移動できる。地球上どこにでも、再エネによる「マイホーム」を実現できるのだ。

現在は限定50戸の第1世代が発売中。2017年には価格を抑えた第2世代が発売される予定で、日本からも注文可能となる見通しだ。


流線型のデザインは、エネルギー効率や雨水の集水効率を高めるための工夫。風力発電のブレード部は回転音を抑えた静音設計。室内は狭そうに見えるが、ソファベッドを引き出せば大人2人が寝られるサイズ。

 


ECOCAPSULE公式サイト


文/小島 和子

※『SOLAR JOURNAL』vol.17より転載

関連記事

2015/10/21 | エネ活・最新技術

インパクト大なソーラーハウス登場

アクセスランキング

  1. 憧れの田舎暮らし! 移住体験ができる人気宿7選!
  2. 初めての家庭菜園、ミントを育ててモヒートを作ろう
  3. 女子会にデート……都内で人気の野菜推しカフェ4選!
  4. 家賃3万円の別荘!? 週末田舎暮らしで移住体験!
  5. 全米が注目!最新農業都市モデル「アグリフッド」
  6. 5/16(木)開催! “未来をつくる教育”を考える「SDGs LIVE」
  7. 領土問題の解決法!?「積極的平和」でピース実現!
  8. 里山で問題になる「竹害」。そのユニークな対策とは?
  9. 自然の恵みを感じよう! 森の中で楽しく暮らすコツ
  10. あの有名店シェフ2人が、新プロジェクトを始動!?
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.06 / ¥1000
2018.11.30 発売

お詫びと訂正