エネ活・最新技術

新しい住居のかたち? 究極のモバイルハウス

コンパクトな設計ながら、大人2人が十分に生活することができる「エコカプセル」。太陽光発電、風力発電が可能で、雨水利用のシステムも完備。日本でも注文可能となるという、夢のような商品を見てみよう。

どこへでも移動可能
地球に優しいマイホーム

「ECOCAPSULE(エコカプセル)」は太陽光と風力によるオフグリッド生活を可能にする究極のスマート&モバイルハウス。スロバキアに拠点を置く建築事務所・ナイスアーキテクツが設計した。
全長4.45m、全幅2.25m、高さ2.55m(風力用ポール込みで4.5m)というコンパクト設計ながら、出力は太陽光と風力がそれぞれ600Wと750W、10kWhの蓄電池を備えている。雨水利用の仕組みもあり、飲料水の自給も可能だ。

室内にはベッドやテーブルなどの家具のほか、キッチンやトイレ・シャワーもあり、収納スペースも確保。大人2人ほどで生活するのには十分だろう。

特筆すべきはモビリティの高さ。トレーラーハウスのように自動車での牽引はもちろん、屋根のフックを使えばヘリでも移動できる。地球上どこにでも、再エネによる「マイホーム」を実現できるのだ。

現在は限定50戸の第1世代が発売中。2017年には価格を抑えた第2世代が発売される予定で、日本からも注文可能となる見通しだ。


流線型のデザインは、エネルギー効率や雨水の集水効率を高めるための工夫。風力発電のブレード部は回転音を抑えた静音設計。室内は狭そうに見えるが、ソファベッドを引き出せば大人2人が寝られるサイズ。

 


ECOCAPSULE公式サイト


文/小島 和子

※『SOLAR JOURNAL』vol.17より転載

関連記事

2015/10/21 | エネ活・最新技術

インパクト大なソーラーハウス登場

アクセスランキング

  1. エネルギーと日本農業の問題を一挙解決! ソーラーシェアリングって?
  2. 太陽を追って動く、日本最大級の「追尾式」ソーラーシェアリング
  3. 耕作放棄地を豊かに!“メガ”ソーラーシェアリング
  4. 会社を辞め専業農家へ。スマートターンの共同開発で得られた成果とは?
  5. 清水国明 「わざわざ農業をするということ」
  6. 世界で餓死する4万人を救う流行の最先端アプリとは
  7. アート・音楽・食の大型フェス、追加情報発表!!
  8. メガソーラーがムラを救う! 農地再生プロジェクト
  9. 私たちが、自然にやさしい電気を選ぶ理由
  10. シェアした陽の光でブルーベリー。相性抜群で他地域への普及にも貢献。
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.05 / ¥500
2017年9月30日発行

お詫びと訂正