エネ活・最新技術

注目のサステナブル住居、オランダで自給自足生活!

世界中から注目を集めているオランダの住居コミュニティ「リージェン・ビレッジ」。現代人が快適に生活できる水準でありながら、食やエネルギーの自給自足を可能にしている。持続可能な、よりよい未来を志向する住居モデルとして、今後も広がりを見せていくことになるだろう。

食もエネルギーも自給自足!
持続可能な住居コミュニティ

オランダで、食料とエネルギーを自給自足する住居コミュニティ「リージェン・ビレッジ」の建設がすすめられている。
住居スペースとつながる温室では、家庭の生ゴミを堆肥にしたり、野菜や果物を栽培したりでき、電気は建物に設置されているソーラーパネルなどで発電されたエネルギーでまかなわれる仕組みだ。現代人にとって快適な生活水準を担保した、持続可能な住居モデルとして世界中から注目されている。

HP:REGEN VILLAGES


text: Yukiko Matsuoka

『EARTH JOURNAL』vol.4より転載

関連記事

2015/10/21 | エネ活・最新技術

インパクト大なソーラーハウス登場

アクセスランキング

  1. この秋おすすめ! マルシェ&ファーマーズマーケット
  2. 連続テレビ小説『ひよっこ』の有村架純、農業を語る
  3. 子供たちが使うカバンが、ソーラーで光る机に変身!
  4. 岩手県の二つ星レストランで新米や希少食材を堪能!
  5. 菜園で、キッチンで生まれる 特別な信頼関係
  6. 表現するメディア「フェアトレードファッション」とは?
  7. オーガニックコットンで起業。その成功の秘訣って?
  8. 都市の人たちが、農村に向かう目的を作るには。
  9. メガソーラーがムラを救う! 農地再生プロジェクト
  10. かつて都市にいた若者達が、農業を選ぶ理由
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.05 / ¥500
2017年9月30日発行

お詫びと訂正