エネ活・最新技術

注目のサステナブル住居、オランダで自給自足生活!

世界中から注目を集めているオランダの住居コミュニティ「リージェン・ビレッジ」。現代人が快適に生活できる水準でありながら、食やエネルギーの自給自足を可能にしている。持続可能な、よりよい未来を志向する住居モデルとして、今後も広がりを見せていくことになるだろう。

食もエネルギーも自給自足!
持続可能な住居コミュニティ

オランダで、食料とエネルギーを自給自足する住居コミュニティ「リージェン・ビレッジ」の建設がすすめられている。
住居スペースとつながる温室では、家庭の生ゴミを堆肥にしたり、野菜や果物を栽培したりでき、電気は建物に設置されているソーラーパネルなどで発電されたエネルギーでまかなわれる仕組みだ。現代人にとって快適な生活水準を担保した、持続可能な住居モデルとして世界中から注目されている。

HP:REGEN VILLAGES


text: Yukiko Matsuoka

『EARTH JOURNAL』vol.4より転載

関連記事

2015/10/21 | エネ活・最新技術

インパクト大なソーラーハウス登場

アクセスランキング

  1. エネルギーと日本農業の問題を一挙解決! ソーラーシェアリングって?
  2. メガソーラーがムラを救う! 農地再生プロジェクト
  3. 会社を辞め専業農家へ。スマートターンの共同開発で得られた成果とは?
  4. 清水国明 「わざわざ農業をするということ」
  5. 耕作放棄地を豊かに!“メガ”ソーラーシェアリング
  6. ソーラーシェアリング入門 アースジャーナル vol.05 発売
  7. スマホでマルシェ!? 食のお買い物がおもしろい!
  8. シェアした陽の光でブルーベリー。相性抜群で他地域への普及にも貢献。
  9. 太陽を追って動く、日本最大級の「追尾式」ソーラーシェアリング
  10. 世界で広がるソーラーシェアリング、米で進む”デュアルユース”って?
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.05 / ¥500
2017年9月30日発行

お詫びと訂正