地方・移住・旅

全国で大流行! 移住で叶える憧れの“小屋暮らし”

アメリカで生まれた「タイニーハウス(=小さな家)」ムーブメントが、日本でもじわじわと浸透中だ。ここでは、移住したら農作業の間にちょっとツカえる「小屋」を紹介しよう。あなたならどう使う?

森へ、海辺へ、田舎へ……
移動できるスモールハウス

日本ログハウス・オブ・ザ・イヤーをはじめ多数の賞を受賞。外壁、ウッドデッキはウエスタンレッドシダーを使った木造建築。設計から加工、建込、造作仕上げ、建具作りをすべて工房で完結させるため、設置は1日で完了。

キッチン、シャワー、トイレなどの水回りも取り付け可能で、「移住先で小さなお店を開きたい」なんて夢も叶えてくれそう。ゲストハウスやセカンドハウスとして使うこともできる。

 

KIBAKO ノッポ(キバコ ノッポ)
床面積:9.99㎡(ノッポ+ロフト)、価格:240万円(本体価格)
+オプション、別途工事費用<参考>ノッポ本体240万円+
ロフト15万円+ウッドデッキ、パーゴラ50万円+運搬設置費
25万円+基礎工事40万円+塗装工事20万円=390万円
HP:天城カントリー工房
TEL:0558-34-0555


愛用の農業グッズを詰め込んだ
自分だけの作業小屋

シンプルで無造作な外観が目を引く「まるごしの家」は、全面に国産杉を使用した内装でDIYも自由自在。棚やフックをカスタマイズして、こだわりの農業グッズを収納するのに最適だ。
もちろん強度や気密性、断熱性など人が快適に過ごすことにもこだわっており、人の身体的なスケールに近づけた構造で圧迫感の少ない空間を実現。農作業の合間、モノや情報からが解放されたシンプルなひとときを楽しめる。

 

まるごしの家
床面積:9.93㎡、価格:128万円~
内容:本体、構造材一式、基礎工事、屋根・外壁、建具一式、塗装
※その他、サイズやカスタマイズの相談も可能
HP:丸腰不動産
TEL:092-515-1664


撤去後は元の森に戻る
森に浮かぶツリーハウス

ベルギーの樹芸家と建築家によって生み出されたDom’up(ドムアップ)は、樹木に“吊るす”新感覚のツリーハウス。設営にかかる日数は約2日。
樹木を傷つけない設置方法なので、撤去後には元の森に戻る。25平米の広さは、大勢で集まるのにもぴったり。畑で採れた自慢の野菜を持ち寄ってパーティーをしたり、家具を設置して、自然のなかに浮かびながら、グランピングのように楽しんだりするのも◎。

 

Dom’Up(ドムアップ)
床面積:25㎡、価格:500万円(設置、送料別)
本体内容:デッキフロア、トップテント、インナーテント、昇降システム、ラダー、落下防止フェンス及びネット、付属品
HP:ネイチャーマインド
TEL:075-954-5165


text: Mikako Hirose

『EARTH JOURNAL』vol.4より転載

 

関連記事

アクセスランキング

  1. この秋おすすめ! マルシェ&ファーマーズマーケット
  2. 連続テレビ小説『ひよっこ』の有村架純、農業を語る
  3. 子供たちが使うカバンが、ソーラーで光る机に変身!
  4. 岩手県の二つ星レストランで新米や希少食材を堪能!
  5. 菜園で、キッチンで生まれる 特別な信頼関係
  6. 表現するメディア「フェアトレードファッション」とは?
  7. オーガニックコットンで起業。その成功の秘訣って?
  8. 都市の人たちが、農村に向かう目的を作るには。
  9. メガソーラーがムラを救う! 農地再生プロジェクト
  10. かつて都市にいた若者達が、農業を選ぶ理由
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.05 / ¥500
2017年9月30日発行

お詫びと訂正