食・農活

地ビールの先駆者から学ぶ とっておきの“原料”

アメリカでは都市でも地方でも地域活性につながる、農業ムーブメントが起こっている。今回はポートランドで行われている取り組みについて紹介する。

地域の風土が育んだ
クラフトビール

近年、各地の小規模醸造所によるクラフトビールが世界的なブームだ。とりわけ、ホップの代表的な産地で、個性的なものを好む気風のある米オレゴン州では1980年代からビール醸造所が次々と誕生。独自のビール文化が根付き、オレゴン州で醸造されるビールのうち約4割が州内で消費されている。

生産者、醸造所、消費者の距離が近く、地元に根ざした商品が生まれているのも特徴だ。たとえばブルワリー「ベースキャンプ・ブルーイング」では、地元のホップを原料に、新商品を開発。地元の消費者の声をもとに改良が重ねられた。地域の風土に育まれた生産物と地元の人々が培ってきた文化こそ、その地域らしいビールを醸造するための“原料”なのかもしれない。


「Base Camp Brewing」 公式HP

関連記事

アクセスランキング

  1. 領土問題の解決法!?「積極的平和」でピース実現!
  2. 憧れの田舎暮らし! 移住体験ができる人気宿7選!
  3. 全米が注目!最新農業都市モデル「アグリフッド」
  4. 2050年は江戸時代?未来に生きるための農業の在り方。
  5. 家賃3万円の別荘!? 週末田舎暮らしで移住体験!
  6. 日本に根付く天然資源「稲わら」の活用法とは?
  7. 自転車をこいで発電、囚人の刑期短縮に!?
  8. 100人いれば100通りの意味「アグロエコロジー」って?
  9. 連続テレビ小説「ひよっこ」有村架純、もう1つの顔
  10. 耕作放棄地を豊かに!“メガ”ソーラーシェアリング
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.06 / ¥1000
2018.11.30 発売

お詫びと訂正