エネ活・最新技術

メガソーラーがムラを救う! 農地再生プロジェクト

千葉県匝瑳市にある緑豊かな農地の上に、大規模な太陽光発電設備が誇らしげに並んでいる。その規模は1MW(メガワット)で、ソーラーシェアリングとしては日本最大級だ。しかもこのメガソーラーは、決して環境を破壊しない。それどころか、地域の悩みの種だった「耕作放棄地」を美しい農地に変えてしまったのだ。

ソーラーシェアリングで
耕作放棄地の解消を実現

「この土地は、40年以上前に、山を削って畑にした場所だったのです。しかし、水はけが悪く、痩せていて、畑には不向きでした。一時はタバコ栽培をする農家もありましたが、15年ほど前に止めてしまって、以来ずっと耕作放棄地になっていました」。そう話してくれたのは、匝瑳ソーラーシェアリング合同会社の椿茂雄代表。この地域代々の農家でもある椿さんにとって、拡大する耕作放棄地は心の痛む問題だった。

それは、同社の母体である市民エネルギーちば合同会社の東光弘代表にとっても同様。東さんは、「ソーラーシェアリングの意義は地域活性化の切り札になるところにある」と断言する。

地域のことを一番に考えて
売電益を環境保全に活かす

地域のお荷物になりかけていたその土地は、いまでは大きな自慢の種だ。2017年4月に誕生した「匝瑳メガソーラーシェアリング第一発電所」は、本格的なソーラーシェアリングとしては日本初の1MW級大規模太陽光発電所。そしてなにより、耕作放棄地だった土地を、農地として再生させることに成功した日本随一の事例なのだ。

日本初となるビッグプロジェクト成功に至るまでは、どのような道順を辿ってきたのだろうか。

関連記事

アクセスランキング

  1. 憧れの田舎暮らし! 移住体験ができる人気宿7選!
  2. 家賃3万円の別荘!? 週末田舎暮らしで移住体験!
  3. 全米が注目!最新農業都市モデル「アグリフッド」
  4. 女子会にデート……都内で人気の野菜推しカフェ4選!
  5. 初めての家庭菜園、ミントを育ててモヒートを作ろう
  6. ソーラーシェアリング入門 アースジャーナル vol.05 発売
  7. 無料の“農業ワーキングホリデー”で農家体験してみる?
  8. 自然の恵みを感じよう! 森の中で楽しく暮らすコツ
  9. 京都の「自給自足カフェ」が人気なワケ
  10. 里山を「シェア」して、田舎暮らし体験が楽しめる!
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.05 / ¥500
2017年9月30日発行

お詫びと訂正