食・農活

生産量1位! 日本酒のメッカ神戸の「本物のお酒」

日本で最も古い港町のひとつで、明治維新とともに外洋文化の玄関口となった国際都市、神戸。都市部と農村・漁港が近く、海と山が織りなす風土に恵まれた食文化の宝庫でもある土地で作られたお酒とは?

灘の酒に結実した
神戸のテロワール

神戸市は、酒米の王様「山田錦」の生産量が全国の80%、日本酒の生産量が全国1位の日本酒のメッカだ。
阪神間の海岸線に沿った地域は、古くから「灘五郷」と称賛されてきた酒どころ。今現在も、今津・西宮・魚崎・御影・西の五郷に27の酒蔵が営みを続けている。

六甲山に降った雨は、花崗岩の地層を通ることで、酵母の栄養になるリンやカリウムを豊富に含んだ酒造りに最適な水になる。灘五郷は、この「宮水」と呼ばれる名水と、山田錦の生産に適した土壌と気候に恵まれた。大粒で、玄米の30%近くまで磨き上げられる山田錦だからこそ、雑味の少ない洗練された味を追求できる。

日本酒の最高峰「大吟醸」は、そうして生まれた。

灘五郷の酒蔵のひとつ「神戸酒心館」の「蔵の料亭 さかばやし」では、100%兵庫県産の酒米と宮水でつくった〝灘の酒〞が味わえる。
神戸の自然が生み出すテロワールを通して、郷土の食の豊かさを広く今に伝える名店だ。


text: Aya Asakura

※『EARTH JOURNAL』vol.3より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 憧れの田舎暮らし! 移住体験ができる人気宿7選!
  2. 家賃3万円の別荘!? 週末田舎暮らしで移住体験!
  3. 全米が注目!最新農業都市モデル「アグリフッド」
  4. 女子会にデート……都内で人気の野菜推しカフェ4選!
  5. 初めての家庭菜園、ミントを育ててモヒートを作ろう
  6. 無料の“農業ワーキングホリデー”で農家体験してみる?
  7. ソーラーシェアリング入門 アースジャーナル vol.05 発売
  8. 自然の恵みを感じよう! 森の中で楽しく暮らすコツ
  9. 京都の「自給自足カフェ」が人気なワケ
  10. 里山を「シェア」して、田舎暮らし体験が楽しめる!
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.05 / ¥500
2017年9月30日発行

お詫びと訂正