エネ活・最新技術

太陽電池を「着る」時代がいよいよ到来!

「もし太陽電池を着ることができたら、一人一人がエネルギー源になれる」。そんな思いから生まれた「次世代型」の服を紹介する。

ファッションデザイナーのPauline van Dongenなどが共同開発を行なっているのは、ソーラー発電ができる次世代型の服「WEARABLE SOLAR(ウェアラブル・ソーラー)」。

堂々と、太陽電池が洋服のアクセントとして取り付けられていながらも、発電の必要がない時には太陽電池が見えないよう折りたためる仕組みになっており、二通りの着こなしが楽しめるから、おしゃれなパーティーなどでも活躍しそうだ。現在、商品化に向けて投資家や起業家などにアプローチ中だというから、実際に街中で見かけるようになるのも、そう遠くないかも?


Pauline van Dongen
CONTACT@PAULINEVANDONGEN.NL
paulinevandongen.nl

 

関連記事

アクセスランキング

  1. 続・農業×エネルギー完全読本! アースジャーナル vol.06 発売中!
  2. この秋おすすめ! マルシェ&ファーマーズマーケット
  3. 入場券をプレゼント!バラとガーデニングショウ開催
  4. 憧れの田舎暮らし! 移住体験ができる人気宿7選!
  5. 都市の人たちが、農村に向かう目的を作るには。
  6. メガソーラーがムラを救う! 農地再生プロジェクト
  7. ビニールハウス内の有機野菜レストランが大評判!
  8. 発電所完成まで丸7年。再エネで「エコなまちづくり」
  9. 荒れ果てた8千枚の棚田が、破天荒な方法で復活へ
  10. 温暖化対策 ジュネーブ会議の成果はいかに?
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.06 / ¥1000
2018.11.30 発売

お詫びと訂正