エネ活・最新技術

太陽電池を「着る」時代がいよいよ到来!

「もし太陽電池を着ることができたら、一人一人がエネルギー源になれる」。そんな思いから生まれた「次世代型」の服を紹介する。

ファッションデザイナーのPauline van Dongenなどが共同開発を行なっているのは、ソーラー発電ができる次世代型の服「WEARABLE SOLAR(ウェアラブル・ソーラー)」。

堂々と、太陽電池が洋服のアクセントとして取り付けられていながらも、発電の必要がない時には太陽電池が見えないよう折りたためる仕組みになっており、二通りの着こなしが楽しめるから、おしゃれなパーティーなどでも活躍しそうだ。現在、商品化に向けて投資家や起業家などにアプローチ中だというから、実際に街中で見かけるようになるのも、そう遠くないかも?


Pauline van Dongen
CONTACT@PAULINEVANDONGEN.NL
paulinevandongen.nl

 

関連記事

2017/11/27 | 地方・移住・旅, | 社会・環境

カンボジアで農業体験! 海外で価値観を広げよう!

アクセスランキング

  1. 初めての家庭菜園、ミントを育ててモヒートを作ろう
  2. 自然の恵みを感じよう! 森の中で楽しく暮らすコツ
  3. 2050年は江戸時代?未来に生きるための農業の在り方。
  4. 陸上養殖の搬送に最適! 「圧力用高密度ポリエチレン管」の強みとは?
  5. 日本が世界に誇る伝統の農業! 世界農業遺産とは?
  6. 憧れの田舎暮らし! 移住体験ができる人気宿7選!
  7. 全米が注目!最新農業都市モデル「アグリフッド」
  8. 銀座の文房具店も、「店産店消」始めてみました
  9. 【11/19まで】次世代漁業ライフ&ビジネス専門誌『FISHERY JOURNAL』支援者様募集中!...
  10. ベランダでできるエディブルガーデンのはじめ方
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.06 / ¥1000
2018.11.30 発売

お詫びと訂正