エネ活・最新技術

太陽電池を「着る」時代がいよいよ到来!

「もし太陽電池を着ることができたら、一人一人がエネルギー源になれる」。そんな思いから生まれた「次世代型」の服を紹介する。

ファッションデザイナーのPauline van Dongenなどが共同開発を行なっているのは、ソーラー発電ができる次世代型の服「WEARABLE SOLAR(ウェアラブル・ソーラー)」。

堂々と、太陽電池が洋服のアクセントとして取り付けられていながらも、発電の必要がない時には太陽電池が見えないよう折りたためる仕組みになっており、二通りの着こなしが楽しめるから、おしゃれなパーティーなどでも活躍しそうだ。現在、商品化に向けて投資家や起業家などにアプローチ中だというから、実際に街中で見かけるようになるのも、そう遠くないかも?


Pauline van Dongen
CONTACT@PAULINEVANDONGEN.NL
paulinevandongen.nl

 

関連記事

アクセスランキング

  1. 憧れの田舎暮らし! 移住体験ができる人気宿7選!
  2. 家賃3万円の別荘!? 週末田舎暮らしで移住体験!
  3. 日本に根付く天然資源「稲わら」の活用法とは?
  4. 全米が注目!最新農業都市モデル「アグリフッド」
  5. 領土問題の解決法!?「積極的平和」でピース実現!
  6. 2050年は江戸時代?未来に生きるための農業の在り方。
  7. 女子会にデート……都内で人気の野菜推しカフェ4選!
  8. 100人いれば100通りの意味「アグロエコロジー」って?
  9. 自転車をこいで発電、囚人の刑期短縮に!?
  10. 初めての家庭菜園、ミントを育ててモヒートを作ろう
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.06 / ¥1000
2018.11.30 発売

お詫びと訂正