編集部からのお知らせ

10万円以下で始める「農業クラウドサービス」

ますます広がりを見せる農業でのIT活用。なかでも、安価で簡単に導入できるということで利用者を増やしているのが、「みどりクラウド」。センサーボックスを設置するだけで、計測データの収集蓄積が可能にする、温室内環境隔離モニタリングシステムだ。

データの収集蓄積で
生産技術向上へ

生産工程における改善点の明確化を支援する、農業クラウドの導入が広まっている。なかでも、導入が容易な「みどりクラウド」は、全国で220台(2016年3月31日時点)が稼働中だ。設置するだけで、圃場の環境データを2分ごとに記録し、搭載カメラによって設備の動作状況や植物の定点観測も可能だ。数字データには現れない気づきが得られ、栽培状況をより正確に把握ができる。使いやすく、わかりやすく、安価な価格設定が最大の特長で、10万円以下で始められるのが嬉しい(初期費用8万9000円(3G版)、月額通信費980円)。現場のことを考えて、新たにガラケーの対応にも乗り出したという。

蓄積したデータは、複数同時にグラフ化し、過去の記録や他の圃場との違いなどをひと目で一覧することができる。また、ユーザーコミュニティで情報を共有し、議論をすることができるようになった。これにより一層、モニタリングデータが、生産技術向上におけるコミュニケーションツールとして活躍するだろう。

AJ_ABJ20160818_13

センサーを搭載したみどりボックス(写真)をハウスの中に置くだけで、温・湿度や日射量、土壌水分度、ハウス内の静止画など、環境を確認できるようになる。


株式会社セラク 公式サイト


取材・文/小高朋子

関連記事

2016/03/28 | 編集部からのお知らせ, | エネ活・最新技術

オーガニック石鹸で人気のLUSHの再エネ活動!

2000/09/08 | 編集部からのお知らせ

地方再生の志が生んだ 萩野菜ピクルス

アクセスランキング

  1. 憧れの田舎暮らし! 移住体験ができる人気宿7選!
  2. 家賃3万円の別荘!? 週末田舎暮らしで移住体験!
  3. 高杉真宙「果物の皮を剥くたびに、思い出すこと」
  4. 初めての家庭菜園、ミントを育ててモヒートを作ろう
  5. 自然の恵みを感じよう! 森の中で楽しく暮らすコツ
  6. 全米が注目!最新農業都市モデル「アグリフッド」
  7. 2050年は江戸時代?未来に生きるための農業の在り方。
  8. 100人いれば100通りの意味「アグロエコロジー」って?
  9. 全国で大流行! 移住で叶える憧れの“小屋暮らし”
  10. 農業+アウトドアが楽しめる“農活グッズ”8選!
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.06 / ¥1000
2018.11.30 発売

お詫びと訂正