食・農活

陸上養殖の搬送に最適! 「圧力用高密度ポリエチレン管」の強みとは?

水道用や農業用として使われているポリエチレン管が、ここ数年陸上養殖でも利用が増えているらしい。圧力用高密度ポリエチレン管の強みとは一体? 株式会社クボタケミックスの西島 賢太朗さんに話を伺った。

ー製品の用途を教えてください。
こちらの「圧力用高密度ポリエチレン管」は、主に老朽化したプラントの代替品として使用いただいています。しかしここ1~2年、陸上養殖における魚を搬送する際の配管としても、圧力用高密度ポリエチレン管をご利用いただくケースが増えてきています。

もともと高密度ポリエチレン管は、水道用途で20年ほど前から使われていました。金属と違う点としてはポリエチレン製のため柔軟性に優れていて、割れる心配が少ないことです。

また、接合方法が特殊で、パイプとパイプの間にソケットを入れて電気を流すことで溶かして一体化させています。そうすることによって、液体が漏れない構造を実現しているのです。漏水しないというメリットから、陸上養殖にポリエチレン管が使われるようになりました。

ー貴社のポリエチレン管の強みを教えてください。
日本では他社さんでも同じようにポリエチレン管が流通していますが、弊社は国内製造であることが最大の強みです。サイズの大きいものの場合どうしてもコストが割高になる傾向がありますが、弊社では今夏より呼び径700まで国内生産に対応しました。海外からの輸入コストを省けることに加え、お客様の配管でトラブルが起きた際にもすぐに対応できるフォロー体制の厚さも、弊社を選んでいただくメリットの一つであると考えています。

今後も陸上養殖の現場でお使いいただけるよう、実績を増やしていければと思います。

話を聞いた人

株式会社クボタケミックス
第一営業ユニット エンジニアリンググループ 担当課長
西島 賢太朗さん

問い合わせ

株式会社クボタケミックス
TEL:03-3245-3840


取材・文:FISHERY JOURNAL編集部

関連記事

アクセスランキング

  1. 初めての家庭菜園、ミントを育ててモヒートを作ろう
  2. 領土問題の解決法!?「積極的平和」でピース実現!
  3. 自然の恵みを感じよう! 森の中で楽しく暮らすコツ
  4. スマホでマルシェ!? 食のお買い物がおもしろい!
  5. 半農半X――加藤登紀子とYaeの生き方
  6. 2050年は江戸時代?未来に生きるための農業の在り方。
  7. 同僚と行きたい! 東京駅近くの次世代カフェ
  8. 世界で餓死する4万人を救う流行の最先端アプリとは
  9. 【11/19まで】次世代漁業ライフ&ビジネス専門誌『FISHERY JOURNAL』支援者様募集中!...
  10. 女子会にデート……都内で人気の野菜推しカフェ4選!
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.06 / ¥1000
2018.11.30 発売

お詫びと訂正