地方・移住・旅

ロンドン式地域活性! 廃線跡が農園に大変身!?

廃線となった土地を使用したコミュニティ農園の情報をロンドンからお届け!

英ロンドン北西部で60年以上荒れ地になっていた廃線跡が、2010年、コミュニティ農園として復活した。

地域住民は、廃材を持ち寄って椅子やテーブルを製作し、木々や草花を植え、緑あふれる空間へと蘇らせた。定期的にワークショップを開催するなど、食や農を介した地域住民のネットワーキングの場としても活用されている。aj_alc_161207_002


DALSTON EASTERN CURVE GARDEN

TEXT/ Yukiko Matsuoka

※『AGRI JOURNAL』 vol.1より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. ソーラーシェアリング入門 アースジャーナル vol.05 発売
  2. 全米が注目!最新農業都市モデル「アグリフッド」
  3. メガソーラーがムラを救う! 農地再生プロジェクト
  4. 家賃3万円の別荘!? 週末田舎暮らしで移住体験!
  5. あの有名店シェフ2人が、新プロジェクトを始動!?
  6. 世界で餓死する4万人を救う流行の最先端アプリとは
  7. 自然の恵みを感じよう! 森の中で楽しく暮らすコツ
  8. 日本に根付く天然資源「稲わら」の活用法とは?
  9. 無料の“農業ワーキングホリデー”で農家体験してみる?
  10. 憧れの田舎暮らし! 移住体験ができる人気宿7選!
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.05 / ¥500
2017年9月30日発行

お詫びと訂正