食・農活

イギリスで広がるサステナブル教育って? 給食にも注目!

ロンドンでは、学校給食にサステナブル・シーフードを取り入れている。子どものうちからサステナブル・シーフードの教育を受けることで、食の大切さや環境問題についても意識を高めることができるのだ。

英は給食を持続可能な食材に
広がるサステナブル教育

MSC(海洋管理協議会)のお膝元のロンドンでもサステナブル・シーフードへの取り組みが盛んだ。

市内各区は、学校給食の食材にMSCが認証した水産物を使うよう努めている。イギリス全体でも、6校のうち1校がサステナブル・シーフードを給食に取り入れおり、その割合は一昨年から昨年までに18%上がった。

MSC側も「フィッシュ・アンド・キッズ」というプロジェクトを通じ、サポートを行う。海洋問題について学べる教材を学校側に提供したり、サステナブル・シーフードについての特別教室を開くことで、普段口にする食材について、子供の頃から意識を高めていく。海洋資源を維持・増加させ、漁業者の生計を保ち、世界の海洋環境を保全することは、将来にわたりおいしく安全な海の幸を楽しむことにつながるのだ。


「フィッシュ・アンド・キッズ」プロジェクト


TEXT:Yukinobu Kato
※『EARTH JOURNAL』vol.3より転載。

 

関連記事

2017/11/27 | 地方・移住・旅, | 社会・環境

カンボジアで農業体験! 海外で価値観を広げよう!

アクセスランキング

  1. 初めての家庭菜園、ミントを育ててモヒートを作ろう
  2. 自然の恵みを感じよう! 森の中で楽しく暮らすコツ
  3. 憧れの田舎暮らし! 移住体験ができる人気宿7選!
  4. 2050年は江戸時代?未来に生きるための農業の在り方。
  5. 陸上養殖の搬送に最適! 「圧力用高密度ポリエチレン管」の強みとは?
  6. 日本が世界に誇る伝統の農業! 世界農業遺産とは?
  7. 全米が注目!最新農業都市モデル「アグリフッド」
  8. 銀座の文房具店も、「店産店消」始めてみました
  9. 【11/19まで】次世代漁業ライフ&ビジネス専門誌『FISHERY JOURNAL』支援者様募集中!...
  10. ベランダでできるエディブルガーデンのはじめ方
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.06 / ¥1000
2018.11.30 発売

お詫びと訂正