食・農活

ユニークな野菜宅配! 貸し農園のコンセプトを応用

貸し農園のコンセプトを取り入れたオーガニック野菜の定期購入サービスを行っている、ブラジルのサンパウロ郊外にある「マンダラ・ダ・モンタナ」。従来の生産者と消費者という関係性の進化版ともいえるそのサービス内容とは?

ブラジルのサンパウロ郊外にある「マンダラ・ダ・モンタナ」は、貸し農園のコンセプトを取り入れたオーガニック野菜の定期購入サービス。会員は10平方メートルの畑の“オーナー”として栽培したい作物を決め、それぞれの畑で収穫された農産物はすべて“オーナー”のもとへ配送される仕組みとなっている。

このサービスは、畑をそれぞれに割り当て、消費者を“疑似オーナー”と位置づけることで、農作物の栽培プロセスに消費者を関与させているのが特徴。スペースや時間などに制約のある都市居住者に代わって郊外の農家が食料を栽培するという、いわば“共同生産者”のようなつながりを築くことによって、従来の生産者と消費者という関係性を進化させようとしているのだ。


マンダラ・ダ・モンタナ公式facebook


Text:Yukiko Matsuoka

関連記事

アクセスランキング

  1. ソーラーシェアリング入門 アースジャーナル vol.05 発売
  2. 全米が注目!最新農業都市モデル「アグリフッド」
  3. 家賃3万円の別荘!? 週末田舎暮らしで移住体験!
  4. 日本に根付く天然資源「稲わら」の活用法とは?
  5. 農業+アウトドアが楽しめる“農活グッズ”8選!
  6. あの有名店シェフ2人が、新プロジェクトを始動!?
  7. 憧れの田舎暮らし! 移住体験ができる人気宿7選!
  8. 無料の“農業ワーキングホリデー”で農家体験してみる?
  9. パオロ事務局長の美食の旅~和牛「但馬玄」編~
  10. 野菜で着色!? 無添加アイシングクッキーを作ろう!
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.05 / ¥500
2017年9月30日発行

お詫びと訂正