食・農活

ユニークな野菜宅配! 貸し農園のコンセプトを応用

貸し農園のコンセプトを取り入れたオーガニック野菜の定期購入サービスを行っている、ブラジルのサンパウロ郊外にある「マンダラ・ダ・モンタナ」。従来の生産者と消費者という関係性の進化版ともいえるそのサービス内容とは?

ブラジルのサンパウロ郊外にある「マンダラ・ダ・モンタナ」は、貸し農園のコンセプトを取り入れたオーガニック野菜の定期購入サービス。会員は10平方メートルの畑の“オーナー”として栽培したい作物を決め、それぞれの畑で収穫された農産物はすべて“オーナー”のもとへ配送される仕組みとなっている。

このサービスは、畑をそれぞれに割り当て、消費者を“疑似オーナー”と位置づけることで、農作物の栽培プロセスに消費者を関与させているのが特徴。スペースや時間などに制約のある都市居住者に代わって郊外の農家が食料を栽培するという、いわば“共同生産者”のようなつながりを築くことによって、従来の生産者と消費者という関係性を進化させようとしているのだ。


マンダラ・ダ・モンタナ公式facebook


Text:Yukiko Matsuoka

関連記事

アクセスランキング

  1. 続・農業×エネルギー完全読本! アースジャーナル vol.06 発売中!
  2. 入場券をプレゼント!バラとガーデニングショウ開催
  3. 若者とおばあちゃんが起こすICTを使った町おこし
  4. ペロペロキャンディの棒を土に埋めるとラベンダーが収穫できるって本当?
  5. 地ビールの先駆者から学ぶ とっておきの“原料”
  6. 雑誌『アースジャーナル』vol.03 発売中!
  7. 大好評! 農業体験ができるサイクリング・ツアー!
  8. 47都道府県が味わえる新感覚レストランが銀座に登場
  9. 憧れの田舎暮らし! 移住体験ができる人気宿7選!
  10. 日本に根付く天然資源「稲わら」の活用法とは?
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.06 / ¥1000
2018.11.30 発売

お詫びと訂正