「谷崎テトラ」の検索結果

平和学の第一人者で、世界的に「平和学の父」と知られるヨハン・ガルトゥング博士が安倍総理に伝えた、「積極的平和」の概念と平和提言を紹介する。 尖閣諸島、竹島、北方領土の問題についても言及している。

領土問題の解決法!?「積極的平和」でピース実現!

いま各地で天然酵母パンが流行している。食の文化における里山資本は「発酵文化」であると考える谷崎テトラさん。その考えとは?

伝統的な作り方に回帰した天然酵母パンの秘密とは?

コンフィチュールとは、フランス語でジャムのこと。欧米のジャムとは違い、果物を使ったもので、季節の果物の魅力を最大化させてくれるものだ。地域全体が最適化される取り組みとは何か。瀬戸内ジャムズガーデンを営む松嶋さんに話を聞いた。

日本のハワイ「周防大島」に眠る美味しすぎるジャム

いま、日本の各地でエコビレッジが生まれている。「お互いが支え合う社会づくり」と「環境に負荷の少ない暮らし方」を追い求める人々が作るコミュニティを意味するエコビレッジ。一体どんな空間なのか?谷崎テトラさんに、今回は熊本県にあるエコビレッジであるサイハテについて伺った。

熊本県のエコビレッジ生活「サイハテ」が理想的!

ワールドシフトネットワークジャパン代表理事の谷崎テトラによる連載コラム「ニューブリードの時代」。省エネルギー、完全リサイクルの江戸時代へと回帰した日本での暮らしは、1日3時間半働けば暮らせる晴耕雨読の生活。必要なモノは簡単につくれる自給自足社会。こういった未来はおこりえるのだろうか?

2050年は江戸時代?未来に生きるための農業の在り方。

アクセスランキング

  1. 憧れの田舎暮らし! 移住体験ができる人気宿7選!
  2. 全米が注目!最新農業都市モデル「アグリフッド」
  3. 家賃3万円の別荘!? 週末田舎暮らしで移住体験!
  4. 千葉県八街市で収穫! 週末菜園クラインガルテン
  5. 2050年は江戸時代?未来に生きるための農業の在り方。
  6. 日本に根付く天然資源「稲わら」の活用法とは?
  7. 全国で大流行! 移住で叶える憧れの“小屋暮らし”
  8. あの有名店シェフ2人が、新プロジェクトを始動!?
  9. 領土問題の解決法!?「積極的平和」でピース実現!
  10. 100人いれば100通りの意味「アグロエコロジー」って?
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.06 / ¥1000
2018.11.30 発売

お詫びと訂正