食・農活

銀座の文房具店も、「店産店消」始めてみました

銀座の文房具店「伊東屋」が創業110年を迎え、「G.itoya」と名前も新たに、クリエイティブ全般をサポートする空間へとフルリニューアルした。

銀座 伊東屋(G.Itoya)

12階まで続くフロアの最上階にはカフェがあり人気を博しているが、なんとその真下の11階には「FARM」と名付けられた水耕栽培の食物工場がお目見えしている。

ルッコラ、リーフレタス、ケールを育てている広さ135㎡ほどのファームは旧本店のステンレスの窓枠から誰もが覗くことができ、ここで育った野菜はそのまま12階の「CAFE Stylo」にて使用される。

自分たちの手で安心の銀座育ちの野菜を提供したい、そんな銀座の名店の想いが込められた新たな取り組み、是非体験してほしい。

03

“ファーム”もビルの建替を手がけた大成建設が担当。伊東屋のスタッフが実際に運営している。カフェには野菜をふんだんに取り入れたオリジナルメニューが並ぶ。

04

 

銀座・伊東屋
東京都中央区銀座2-7-15
03-3561-8311
営業:月~土 10:00~20:00(1F Drink のみ8:00~)
日・祝 10:00~19:00
12F CAFE Stylo 8:00~22:00(L.O. 21:00)

関連記事

アクセスランキング

  1. 憧れの田舎暮らし! 移住体験ができる人気宿7選!
  2. 家賃3万円の別荘!? 週末田舎暮らしで移住体験!
  3. 日本に根付く天然資源「稲わら」の活用法とは?
  4. 全米が注目!最新農業都市モデル「アグリフッド」
  5. 領土問題の解決法!?「積極的平和」でピース実現!
  6. 2050年は江戸時代?未来に生きるための農業の在り方。
  7. 女子会にデート……都内で人気の野菜推しカフェ4選!
  8. 100人いれば100通りの意味「アグロエコロジー」って?
  9. 自転車をこいで発電、囚人の刑期短縮に!?
  10. 初めての家庭菜園、ミントを育ててモヒートを作ろう
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.06 / ¥1000
2018.11.30 発売

お詫びと訂正