食・農活

納得! オーガニックマルシェの魅力と楽しむヒント

気にはなっても遠目で見ているだけでは何も始まらない。そこでマルシェの魅力と楽しむヒントをマルシェを主催する株式会社QUEEN.T戸田麻紀さん、ビオマルシェライフアンバサダーでインナービューティアドバイザーのmachiさんに聞いた。

人参一本のつもりが人参一杯
になることも(笑)

週末を中心に全国各地の公園や広場、商店街などで開催されるマルシェ。「なんかやってるなぁ」「楽しそうだなぁ」と思っても最初は気後れするもの。そもそも多くの人が楽しそうに集まっているマルシェの魅力って何なのだろう?

主催者の立場からマルシェの魅力を教えてくれるのは戸田さん。「生産者さんや店舗の方の想いを聞けたり話しながら自分の欲しいものを直接選べることです。生産者さんは想いを伝えたいですし納得して買ってもらえることを求めているんです。また上映会やトークショーといった、さまざまな企画があるのも魅力ですね」(戸田)。

プライスレスな生活の
豊かさが手に入る場所

消費者目線からマルシェの魅力を教えてくれたのはmachiさん。実際に家事も育児もこなす主婦の一人でもある。

「食材だけでなく衣・食・住、美・食・住に必要なものを自分でチョイスできる。マルシェにはこだわりを持った方が多いですから全部がつながってくるんですね。マルシェでそろえた食材で料理を作ると娘も喜んで食べてくれますし、キラキラとそして穏やかになっていく女性たちの姿をこれまでも見てきました。ナチュラルな生活に関心はあるけどヴィーガンやベジタリアンとまではいかない、いけない人にとってマルシェは本当に良いと思いますよ」(machi)。

そんな魅力的なマルシェを楽しむにはどうすればよいのだろう?

「遠くから眺めているだけでなく、自分から声をかけてみては。また、出店者さんだけでなく集まった人たちは世代を超えた同じ想いの方ばかりですからご縁が広がります。男性も肩書に縛られないご縁の輪が広がっていきますよ。試飲・試食、会話。一番はみんなで楽しむことです」(machi)。

「マルシェごとに特色がありそれぞれに出店者も雰囲気も違います。自分に合った気持ちの良い空間を見つけるのも楽しみの一つ。売り手と買い手、生産者さんたち出店者と来てくれた消費者が一緒に創り上げていくもの。そんな枠を超えて一緒に創り上げていくのがマルシェなんです」(戸田)。

マルシェの魅力と楽しみ方がわかれば、自分好みのマルシェをチョイスしてあとは出かけるだけだ。

12

関連記事

アクセスランキング

  1. この秋おすすめ! マルシェ&ファーマーズマーケット
  2. 連続テレビ小説『ひよっこ』の有村架純、農業を語る
  3. 子供たちが使うカバンが、ソーラーで光る机に変身!
  4. 岩手県の二つ星レストランで新米や希少食材を堪能!
  5. 菜園で、キッチンで生まれる 特別な信頼関係
  6. 表現するメディア「フェアトレードファッション」とは?
  7. オーガニックコットンで起業。その成功の秘訣って?
  8. 都市の人たちが、農村に向かう目的を作るには。
  9. メガソーラーがムラを救う! 農地再生プロジェクト
  10. かつて都市にいた若者達が、農業を選ぶ理由
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.05 / ¥500
2017年9月30日発行

お詫びと訂正