地方・移住・旅

2050年までに電力自給率100%! 檮原町の課題は?

“外”の動向・情報に敏感でありつつも、
“内”に秘めた宝を見直す

実は、これは、時代の流れに叶っている。グローバル化に伴い世界規模での標準化が進めば進むほど、真似し難い文化的な違いの価値は高まっているからだ。国、地方、企業、人、いずれのレベルでも、ブランド力や競争力のカギを握っているのは、”積極的な内向き”だ。”外”の動向・情報に敏感でありつつも、それに振り回されることなく、”内”に秘めた宝を見直し、それを市場や社会のニーズに見合う形で解き放つことが求められている。

さらに未来に目を向け、後世にどのような文明を遺すかを考える上でも、檮原町のあり方は示唆に富んでいる。先に述べた、町もそこに住む人々も自然の一部として存在するという世界観・美意識が導くのは、持続性に優れた人の営みだ。

森林、川、植物、動物、人、生態系を成すそれぞれが、独自の個性を保ち育みつつ、まわりと絶妙な調和を図る力、全体を潤し続ける循環……こうした、自然の姿そのものの”叡智”をカギとして行われてきた、檮原町のイノベーションや町づくり。そこには、共存や持続可能性といった、今の時代の切迫した課題に応える文明の姿が垣間見える。

ただ、追い風が吹き続けているというわけでもなさそうだ。木造建造物の温もりや香りとは裏腹に、町にはどことなく空しさが漂う。高齢化率は39%、人口減少には歯止めがかかっていない。

また、町づくりを10年以上も引っ張ってきた前町長は病床にあり、町の循環モデルの強化と深化に、以前の勢いはみられない。築いてきたものを活かすことに力を注ぐべき大切な時に、立ち止まっているかのよう。どんなに素晴らしいものを生み出しても、循環が止まれば、朽ちてしまう。

「ものたらん。人がおらん」と、町で民宿を営む88才のおばあちゃん。イベントを通じて人を呼び込むなどして「やりかけたことを、やりきらないと」とこぼす。

東京から670km、人口4000人、標高1455m。檮原町は”雲の上のスマートシティ”への道を歩み出している。止みかけた風は、また吹くのか……。エネルギー、競争力、そして未来の文明といった観点からも、この町の今後に期待したい。


長野アミ Amie Nagano, PhD
英メディア 「ザ・エコノミスト」グループでコントリビューティング・エディター。震災をきっかけに、現代文明のゆくへに対する危機感を強め、文明にパラダイム・シフトを促すブティック・ラボ「八百万ING(やおよろじんぐ)」を立ち上げる。ロンドン大学(LSE)を経て、ダラム大学大学院より博士号(社会科学・福祉)を取得。
http://yaoyorozu-ing.jp/


文/八百万ING
※SOLAR JOURNAL vol.9より転載

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 憧れの田舎暮らし! 移住体験ができる人気宿7選!
  2. 女子会にデート……都内で人気の野菜推しカフェ4選!
  3. 家賃3万円の別荘!? 週末田舎暮らしで移住体験!
  4. 自然の恵みを感じよう! 森の中で楽しく暮らすコツ
  5. 無料の“農業ワーキングホリデー”で農家体験してみる?
  6. 全米が注目!最新農業都市モデル「アグリフッド」
  7. 100人いれば100通りの意味「アグロエコロジー」って?
  8. 初めての家庭菜園、ミントを育ててモヒートを作ろう
  9. 日本に根付く天然資源「稲わら」の活用法とは?
  10. 里山で問題になる「竹害」。そのユニークな対策とは?
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.06 / ¥1000
2018.11.30 発売

お詫びと訂正