エネ活・最新技術

プレー中の運動エネルギーが、サッカー場の照明に!

夜のスラム街。明るく照らされたサッカー場で子供たちが遊べるように、人工芝に敷き詰められたのは…?

ブラジル リオデジャネイロのスラム街に住む子供たちは、頻繁に起こる電力不足の影響で、日の入り後は大好きなサッカーをプレーする事ができなかった。

そこで、イギリスのベンチャー企業Pavegen社が開発したのが、人間の歩行エネルギーを吸収して電力を生み出すという、ハイテクなタイル。そのうち200枚ほどが、サッカー場の人工芝の下に敷き詰められた。子供たちのステップ、ジャンプ、キックなどの運動エネルギーをタイルが吸収し、夜間照明の電力が創出されるという仕組みだ。

太陽光発電システムでの電力供給と併用して行われる、このような革新的な取り組みによって、リオデジャネイロのスラム街の子供たちは、ナイターゲームを楽しむことができようになったそうだ。

Pavegen社が開発した、運動エネルギーを 吸収するハイテクタイル

Pavegen社が開発した、運動エネルギーを 吸収するハイテクタイル

サッカー場にハイテクタイルを敷き詰める作業員

サッカー場にハイテクタイルを敷き詰める作業員

 

Pavegen
http://www.pavegen.com/

 


文/モベヤン・ジュンコ

※『SOLAR JOURNAL』vol.12 より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 憧れの田舎暮らし! 移住体験ができる人気宿7選!
  2. 女子会にデート……都内で人気の野菜推しカフェ4選!
  3. 家賃3万円の別荘!? 週末田舎暮らしで移住体験!
  4. 自然の恵みを感じよう! 森の中で楽しく暮らすコツ
  5. 無料の“農業ワーキングホリデー”で農家体験してみる?
  6. 全米が注目!最新農業都市モデル「アグリフッド」
  7. 100人いれば100通りの意味「アグロエコロジー」って?
  8. 初めての家庭菜園、ミントを育ててモヒートを作ろう
  9. 日本に根付く天然資源「稲わら」の活用法とは?
  10. 里山で問題になる「竹害」。そのユニークな対策とは?
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.06 / ¥1000
2018.11.30 発売

お詫びと訂正