食・農活

これイケア!? 球状デザインの菜園で野菜栽培!

家具量販店イケアの専門研究機関SPACE10は、3Dプリンティング技術を活用した菜園ソリューション「グロウルーム」を開発した。空間を有効に使った球状のデザインが注目を集めている。

球状の菜園ソリューションをイケアがオープンソース化

家具量販店イケアの専門研究機関SPACE10は、2017年2月、3Dプリンティング技術を活用した菜園ソリューション「グロウルーム」を開発した。
設計データをもとにCNCルーターで合板からパーツを切断し、パズルのようにつなぎ合わせていく仕組み。
設計データや組み立ての手順はウェブサイトでオープンソースとして公開されており、誰でも無料でダウンロードすることができる。

また、この“菜園”は、より多くの作物を栽培できるよう、空間を有効に使った球状のデザインが特長。スペースに制限がある都市部を含め、世界中どこでも野菜やハーブなどの食料を栽培できるソリューションとして、注目されている。

設計図やマニュアルを公式HPで無料公開
https://www.space10.io/journal/space10-open-sources-the-growroom


text: Yukiko Matsuoka

※『EARTH JOURNAL』vol.4より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 憧れの田舎暮らし! 移住体験ができる人気宿7選!
  2. 初めての家庭菜園、ミントを育ててモヒートを作ろう
  3. 女子会にデート……都内で人気の野菜推しカフェ4選!
  4. 家賃3万円の別荘!? 週末田舎暮らしで移住体験!
  5. 全米が注目!最新農業都市モデル「アグリフッド」
  6. 無料の“農業ワーキングホリデー”で農家体験してみる?
  7. 里山で問題になる「竹害」。そのユニークな対策とは?
  8. 里山を「シェア」して、田舎暮らし体験が楽しめる!
  9. 農業+アウトドアが楽しめる“農活グッズ”8選!
  10. あの有名店シェフ2人が、新プロジェクトを始動!?
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.06 / ¥1000
2018.11.30 発売

お詫びと訂正