食・農活

これイケア!? 球状デザインの菜園で野菜栽培!

家具量販店イケアの専門研究機関SPACE10は、3Dプリンティング技術を活用した菜園ソリューション「グロウルーム」を開発した。空間を有効に使った球状のデザインが注目を集めている。

球状の菜園ソリューションをイケアがオープンソース化

家具量販店イケアの専門研究機関SPACE10は、2017年2月、3Dプリンティング技術を活用した菜園ソリューション「グロウルーム」を開発した。
設計データをもとにCNCルーターで合板からパーツを切断し、パズルのようにつなぎ合わせていく仕組み。
設計データや組み立ての手順はウェブサイトでオープンソースとして公開されており、誰でも無料でダウンロードすることができる。

また、この“菜園”は、より多くの作物を栽培できるよう、空間を有効に使った球状のデザインが特長。スペースに制限がある都市部を含め、世界中どこでも野菜やハーブなどの食料を栽培できるソリューションとして、注目されている。

設計図やマニュアルを公式HPで無料公開
https://www.space10.io/journal/space10-open-sources-the-growroom


text: Yukiko Matsuoka

※『EARTH JOURNAL』vol.4より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 領土問題の解決法!?「積極的平和」でピース実現!
  2. 憧れの田舎暮らし! 移住体験ができる人気宿7選!
  3. 全米が注目!最新農業都市モデル「アグリフッド」
  4. 2050年は江戸時代?未来に生きるための農業の在り方。
  5. 家賃3万円の別荘!? 週末田舎暮らしで移住体験!
  6. 日本に根付く天然資源「稲わら」の活用法とは?
  7. 自転車をこいで発電、囚人の刑期短縮に!?
  8. 100人いれば100通りの意味「アグロエコロジー」って?
  9. 連続テレビ小説「ひよっこ」有村架純、もう1つの顔
  10. 耕作放棄地を豊かに!“メガ”ソーラーシェアリング
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.06 / ¥1000
2018.11.30 発売

お詫びと訂正