食・農活

米屋を通して人がつながる「つながる米屋 コメタク」

新潟県内野町にある「つながる米屋 コメタク」では、お米を売ることに加えて、お米を通じて人や地域とつながる活動にも取り組んでいます。いったいどんなことをしているのか、中心メンバーである吉野さくらさんにお話を伺いました。

お米から生まれる豊かさを知って

新潟県内野町にある「つながる米屋 コメタク」。ここは飯塚商店という米屋と一緒に、地域の米を販売するだけではなく、地域の人々とつながる活動にも取り組んでいる。

宮崎県出身の吉野さんがコメタクを始めたきっかけは、大学卒業間近に訪れた新潟で「お米の味」を知ったことだ。

<飯塚商店の外観>

 

「飯塚商店の社長である飯塚さんに出会って、扱っているお米を食べ比べしてみて、お米に対する価値観が一変したんです。味や硬さだけでなく、その日の体調にも影響されてお米の味が変わることに驚きました」(吉野さん)。

お米が作りだす食卓の楽しさに気が付き移住を決め、内野町で2015年から暮らしている。

つながる時間が食事を豊かにする

お米を炊くことが豊かさに繋がるのではないか。その想いからスタートしたコメタクで、吉野さんたちが最初に始めたのは毎週開催される有料の「朝ごはん会」だ。近隣の大学生たちと共に朝早くから米を炊き、参加者たちがおかずやお味噌汁を作る。朝ごはんの中には、参加者からのお裾分けも混じる。「○○さんがくれた野菜」が料理になることで、地域とのつながりが食卓にも表れるのだ。

朝ごはん会の参加者は、一人暮らしの大学生や若い社会人が目立つという。進学を期に移住した学生が地域とのつながりを持ちづらい中で、コメタクに行くとその土地で暮らす人とも交流が可能になる。コメタクが提供するのは食事だけではなく、誰かとつながる経験そのものなのだ。

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 憧れの田舎暮らし! 移住体験ができる人気宿7選!
  2. 家賃3万円の別荘!? 週末田舎暮らしで移住体験!
  3. 日本に根付く天然資源「稲わら」の活用法とは?
  4. 全米が注目!最新農業都市モデル「アグリフッド」
  5. 領土問題の解決法!?「積極的平和」でピース実現!
  6. 2050年は江戸時代?未来に生きるための農業の在り方。
  7. 女子会にデート……都内で人気の野菜推しカフェ4選!
  8. 100人いれば100通りの意味「アグロエコロジー」って?
  9. 自転車をこいで発電、囚人の刑期短縮に!?
  10. 初めての家庭菜園、ミントを育ててモヒートを作ろう
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.06 / ¥1000
2018.11.30 発売

お詫びと訂正