食・農活

収穫野菜をオシャレに食すアウトドア料理アイテム7選

エプロンとしても使える
吊り下げ式布製小物入れ

LAND & B.C(. ランド&ビーシー) Tool Case ¥3,800+税

上下2段で合わせて10個のポケットが付いた布製の工具・小物入れ。アウトドアクッキングでは、調理台の上がなにかと小物で雑然としがちになるが、これがあればカトラリーを分けて入れておけるのでスッキリ! 4つのグロメットに紐を通すことで、木に掛けておいたり、エプロンとして着ることもできる。家庭菜園を楽しむ時はガーデンツールの工具入れとして使うのもアリ。

問:LAND & B.C.

 

鋳物ホーロー風デザインの
ホットプレートで何作る?

BRUNO(ブルーノ) コンパクトホットプレート ¥8,800+税

従来品にはなかった鋳物ホーローをイメージしたデザインのホットプレート。2〜3人分を作るのにちょうどいいサイズで、火力は保温〜250度まで無段階で調整可能。平面プレートのほか、たこ焼きプレートが付いている。火力も十分で、前菜からデザートまでいろいろなものが作れる。パエリアやピザ、クレープにアヒージョ……。雰囲気あるこのホットプレートで、アナタなら何作る? 写真は今年秋冬の新作カラーモデル。

問:イデアインターナショナル

ストウブ製タジン鍋は
内部のザラザラに秘密アリ!

STAUB(ストウブ) タジン ¥12.000+税

 

タジン鍋は蓋が円錐形になっているため、食材から出る水蒸気は効率的に循環。素材の旨みを逃さない。皿の部分はザラザラとした感触。これは細かな凹凸を付けて表面積を増やすことで油なじみを良くし、食材との接点を減らすことで焦げ付きにくくする工夫で、このストウブ製タジン鍋の隠れた特徴となっている。ガスの直火、オーブン、IH対応可能。

問:ツヴィリング J.A. ヘンケルス ジャパン

面倒な炭の手間は一切不要!
本格的ガス式BBQグリル

Coleman(コールマン) ロードトリップグリルエクスカーション ¥29,800+税

BBQは炭でやるもの、そんな考えはちょっと古い!?こちらは炭を使わないガス式グリル。ガスで楽しむBBQのメリットはなんと言っても手軽さ。炭の継ぎ足しや灰の後始末がないから断然気軽。このガス式グリルの最大火力は左右合わせて約5,000kcal/h。調味料を置いておくのに便利なサイドテーブル、持ち運びに便利な大型ホイール付き。

問: コールマン ジャパンカスタマーサービス


text : Taiyou Tokoro

※『EARTH JOURNAL』vol.3より転載

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 憧れの田舎暮らし! 移住体験ができる人気宿7選!
  2. 全米が注目!最新農業都市モデル「アグリフッド」
  3. 家賃3万円の別荘!? 週末田舎暮らしで移住体験!
  4. 千葉県八街市で収穫! 週末菜園クラインガルテン
  5. 2050年は江戸時代?未来に生きるための農業の在り方。
  6. 日本に根付く天然資源「稲わら」の活用法とは?
  7. 全国で大流行! 移住で叶える憧れの“小屋暮らし”
  8. あの有名店シェフ2人が、新プロジェクトを始動!?
  9. 領土問題の解決法!?「積極的平和」でピース実現!
  10. 100人いれば100通りの意味「アグロエコロジー」って?
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.06 / ¥1000
2018.11.30 発売

お詫びと訂正