エネ活・最新技術

電力小売自由化から20年経過! オランダの実情

一足先に電力会社を選んで乗り換えた海外在住の日本人ライターより、レポートが届きました。実際に生活はどのように変わったのでしょうか?

電気小売自由化で、
好みの会社が選り取り見取り!

オランダでは1995年から電力の小売自由化が始まりました。それ以来、私たち消費者は電力会社のみならず、発電方法まで自由に選べるようになり、電力会社は現在28社を数えます。

我が家では昨年末、電力会社を変えました。その理由は、契約金が他社と比較して安かったことに加え、風力や水力による100%エコな電気を供給する会社と分かったからです。各電力会社では顧客獲得にしのぎを削っており、派手なキャンペーンを展開する会社もありますが、私が選んだ会社では社員が各家庭を訪問し、省資源に徹する方針を熱心に説いて回る方法を地道に貫いており、その姿勢にも好感が持てました。

契約後1ヶ月が過ぎましたが、今密かに期待しているのは、果たしてどのくらい電気料金が払い戻されるのかということ。オランダでは、1年分の電気代を試算して年初に支払い、実際の電気使用料がそれ以下だった場合は、年末に返金されるシステムを導入しており、電気の無駄遣いをしなければお金が戻ってくるのです。これが実は、省エネを実行するための意外なモチベーションにつながっている、といえるのかもしれません。

オランダの各種電気会社の料金比較表。エコな電気を供給している会社かどうかや、割引金額などが記載されている。 画像提供:energieleveranciers.nl

オランダの各種電気会社の料金比較表。エコな電気を供給している会社かどうかや、割引金額などが記載されている。 画像提供:energieleveranciers.nl


文/稲葉霞織

関連記事

アクセスランキング

  1. 憧れの田舎暮らし! 移住体験ができる人気宿7選!
  2. 家賃3万円の別荘!? 週末田舎暮らしで移住体験!
  3. 全米が注目!最新農業都市モデル「アグリフッド」
  4. 女子会にデート……都内で人気の野菜推しカフェ4選!
  5. 初めての家庭菜園、ミントを育ててモヒートを作ろう
  6. 無料の“農業ワーキングホリデー”で農家体験してみる?
  7. ソーラーシェアリング入門 アースジャーナル vol.05 発売
  8. 自然の恵みを感じよう! 森の中で楽しく暮らすコツ
  9. 京都の「自給自足カフェ」が人気なワケ
  10. 里山を「シェア」して、田舎暮らし体験が楽しめる!
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.05 / ¥500
2017年9月30日発行

お詫びと訂正