食・農活

太陽光発電で焙煎!? 美味しすぎる珈琲の秘密って?

太陽光で発電された電力を使用してコーヒーの生豆を焙煎する……そんなユニークなことを閃いたのはスロー社の小澤氏だ。どんな思いを込めてコーヒーを作っているのか? なぜ太陽光で発電された電力を使用しているのか? 話を伺った。

グッドバイブレーション珈琲
ソーラー焙煎プロジェクト

千葉県松戸市にあるスロー社の屋上に、ウェブマガジン『greenz.jp』と『藤野電力』、ボランティアの協力のもと、ソーラーパネルが取り付けられた。

オーガニック栽培のコーヒーの生豆をフェアトレードで輸入した太陽光で発電された電力を使って焙煎するためだ。スロー社の小澤陽祐さんは、3.11以降の「計画停電」をきっかけに構想を練り、「ソーラー焙煎プロジェクト」としてスタート、クラウドファンディングなどで資金を募って、遂に設置にこぎつけた。

「グッド・バイブレーションな珈琲って、飲まなくても聞くだけで美味しそうでしょ」と小澤さん。野外フェスなどで使われる電源に太陽光発電を使う事も増え、音キチの間でも音が良くなると評判だ。

太陽の恵みで育った珈琲豆を太陽のエネルギーで焙煎する、そんな豆で淹れた珈琲が、美味しくないわけがない。美味しい珈琲を求める人のつながりが、人とエネルギー、そして自然とのつながりを生み出し、ソーラー珈琲を生み出した。

そしてそれは、世界へとつながっていく。そこにはきっと、〝グッド・バイブレーション〞な空間が広がっているに違いない。


text :Matuura Yosiki

※『EARTH JOURNAL』vol.1より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 続・農業×エネルギー完全読本! アースジャーナル vol.06 発売中!
  2. この秋おすすめ! マルシェ&ファーマーズマーケット
  3. 入場券をプレゼント!バラとガーデニングショウ開催
  4. 憧れの田舎暮らし! 移住体験ができる人気宿7選!
  5. 都市の人たちが、農村に向かう目的を作るには。
  6. メガソーラーがムラを救う! 農地再生プロジェクト
  7. ビニールハウス内の有機野菜レストランが大評判!
  8. 発電所完成まで丸7年。再エネで「エコなまちづくり」
  9. 荒れ果てた8千枚の棚田が、破天荒な方法で復活へ
  10. 温暖化対策 ジュネーブ会議の成果はいかに?
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.06 / ¥1000
2018.11.30 発売

お詫びと訂正