地方・移住・旅

福島で農業体験、復興を応援しよう!

原発災害の現状を知り、復興を応援する、福島の方々と共にこれからの未来を考えるスタディツアーが今年も開催。農家さんと交流しながらの農業体験や農泊も魅力のひとつだ。

ツアー先である福島県の東和地域は、元々農業が盛ん。長年の有機農家も多く、有機や減農薬への意識も高いうえ、グリーンツーリズムも賑わっていた。

震災から2年後、「今の福島」を知りたいと思う消費者と、福島とを繋ぐ架け橋として、HISは放射能測定器を携帯した福島でのスタディツアーを実施。以来、年3~4回のペースを維持する。次第に参加者同士のつながりが深くなったり、福島へのリピーターが増えたり。なかにはツアー先に就農をした若者もいるというから、このツアーの充実度が伺える。

のべ300名ほどの参加者は、世代層が広く、比較的男性も多い。1人参加者も多いが、研修旅行として活用する企業も。報道ではわからないことを自分の目で確かめるため、世界に福島の現状を伝えるため、自然の中で農業体験をするため……テーマは人それぞれで深い。

ツアーでは、美しい里山の景色が広がる地域で農家に泊まって、農作業を体験し、田舎に帰ってきたような心温まる交流の中、地元の人々の等身大の思いに触れることができる。興味のある方は、ぜひ参加してみては?


福島の今を知り、私たちの未来を考える2日間

【新宿発】31600円〜32400円(大人お一人様/3~6名1宿利用時)
<福島スタディツアー 農体験スケジュール>
□5/27(土) 田植え、かぼちゃ種まき、トルコキキョウ手入
□9/30(土) 稲刈り、かぼちゃ収穫、トルコキキョウ収穫

Web募集締切:出発2日前 23:59まで。Web募集締切後のご予約はお電話でお問合せください。


text: Kaori Kitasuka

※「EARTH JOURNAL vol.4」より転載

関連記事

2017/11/27 | 地方・移住・旅, | 社会・環境

カンボジアで農業体験! 海外で価値観を広げよう!

アクセスランキング

  1. 移住者の多い街「藤野」 そのおいしい魅力とは?
  2. インドネシア農家のカカオから誕生、持続可能チョコ
  3. ベランダでひと鉢から、エディブルガーデンの始め方
  4. 激安で手に入るドイツの庭「クラインガルテン」って?
  5. アースジャーナル最新号の事前受付はコチラ!
  6. 農業+アウトドアが楽しめる“農活グッズ”8選!
  7. まさにフルーツ! 驚きの甘さの高糖度トマト
  8. 若きビルオーナーが 決意した“Go Green”ビジネス
  9. 耕作放棄地を豊かに!“メガ”ソーラーシェアリング
  10. ガラスの中で育てる!お洒落な「テラリウム」4選
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.05 / ¥500
2017年9月30日発行

お詫びと訂正