地方・移住・旅

自然の恵みを感じよう! 森の中で楽しく暮らすコツ

エゴ優先の幸せのカタチ
森の暮らしを世界に発信

加藤さんは、「自分がやっていて楽しく、自分の未来に貢献できる」「社会や自然、地球に貢献できる」「組織や仲間に貢献できる」という運営方針で、NPO法人都留環境フォーラムの活動も進めている。

「まずは自分が楽しいことを優先。エゴの中に真実が隠されている。エゴがなければ、最初のエネルギー源がないってこと。それが〈貢献〉につながれば、次への原動力になっていく」。

人によっては、楽しいことは森の中だけではなく、海や砂漠にあるかもしれない、しかし加藤さんにとって楽しいことは、森にあったのだ。

EJ_MOR20160630_02

「まずはやってみたらいい」と、加藤さんは付け加える。大工仕事に家づくり、田んぼや畑、NPO、さらには体験できる場所として多くの人の手を借りた「拠点」も完成し、〝加藤さんち〞として動き始めている。

「森の暮らしを通じて得た知識や現実、幸せのカタチを、今度は世界へ伝えていきたい。最近ではやりたい事というより、〈呼ばれてる〉って感覚に近いかな」と加藤さんはいう。

そして、様々な場所や地域で、「呼ばれた」人たちが繋がり始め、地道ながらも力強い動きとなり、根付き始めている。


加藤大吾氏

アースコンシャス代表ピースフルライフワーカー
NPO法人都留環境フォーラム理事長も務め、トランジションタウン都留の発起人でもある。取材に訪れた記者に乗馬を進めてくれる、そんな気さくな人である。


Text:Matsuura Yoshiki

※『EARTH JOURNAL』vol.1より転載

12

関連記事

アクセスランキング

  1. エネルギーと日本農業の問題を一挙解決! ソーラーシェアリングって?
  2. メガソーラーがムラを救う! 農地再生プロジェクト
  3. 会社を辞め専業農家へ。スマートターンの共同開発で得られた成果とは?
  4. 清水国明 「わざわざ農業をするということ」
  5. 耕作放棄地を豊かに!“メガ”ソーラーシェアリング
  6. ソーラーシェアリング入門 アースジャーナル vol.05 発売
  7. スマホでマルシェ!? 食のお買い物がおもしろい!
  8. シェアした陽の光でブルーベリー。相性抜群で他地域への普及にも貢献。
  9. 太陽を追って動く、日本最大級の「追尾式」ソーラーシェアリング
  10. 世界で広がるソーラーシェアリング、米で進む”デュアルユース”って?
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.05 / ¥500
2017年9月30日発行

お詫びと訂正