エネ活・最新技術

ソーラー電力で地下水を汲み上げ! アフリカの水不足を解消する試み

南スーダンの非営利団体「レインメーカー・エンタープライズ」が、地球に優しいオフグリッド型ソリューションを開発中。ソーラー電力を活用し地下水を汲み上げて水を供給する仕組みを作り、将来的にはアフリカの過疎地に展開していく方針だ。

ソーラー電力を利用して
地下水を汲み上げる

「レインメーカー・エンタープライズ」は、南スーダン共和国出身の社会起業家ジェームス・スチ・マディア氏が2017年3月に創設した非営利団体だ。ソーラー電力を活用したポンプで地下水を汲み上げ、灌漑や家畜の飼育などに水を供給するオフグリッド型ソリューションの開発に取り組んでいる。

2019年春には初の実証実験として、南スーダン北西部のトンジェにソーラーパネルと一体化した井戸汲み上げポンプを設置し、点滴灌漑による農作物の栽培に着手する。将来的には、水不足が深刻なアフリカの過疎地に広く展開していく方針だ。

DATA

レインメーカー・エンタープライズ


text >> Yukiko Matsuoka

関連記事

アクセスランキング

  1. 憧れの田舎暮らし! 移住体験ができる人気宿7選!
  2. 家賃3万円の別荘!? 週末田舎暮らしで移住体験!
  3. 高杉真宙「果物の皮を剥くたびに、思い出すこと」
  4. 初めての家庭菜園、ミントを育ててモヒートを作ろう
  5. 自然の恵みを感じよう! 森の中で楽しく暮らすコツ
  6. 全米が注目!最新農業都市モデル「アグリフッド」
  7. 2050年は江戸時代?未来に生きるための農業の在り方。
  8. 100人いれば100通りの意味「アグロエコロジー」って?
  9. 全国で大流行! 移住で叶える憧れの“小屋暮らし”
  10. 農業+アウトドアが楽しめる“農活グッズ”8選!
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.06 / ¥1000
2018.11.30 発売

お詫びと訂正