食・農活

都市農村交流が実現! アースデイマーケットって?

買い物のその先へとつながる「窓」のような場所をつくりたい。アースデイマーケット実行委員会事務局長の富山晋さんが語る、ファーマーズ・マーケットへの想いとは?

──この東京朝市アースデイマーケットのコンセプトとは?

実行委員会の団体のひとつ特定非営利活動法人アースデイマネーアソシエーションは、15年ほどにわたり「アースデイマネー」という地域通貨の普及に取り組んでいます。このマーケットが始まる2006年の時点で、実は様々な社会課題が見え始めていたんですね。地域通貨が使えるところがあるといっても散発的で、ちょっとバラバラしていた。もっと地域通貨のインパクトをちゃんと伝えられる、地域通貨の使い勝手がいい場所を作る事で、ダイナミックな動きを生み出したかった。

かたや、実行委員会に参加するもうひとつの団体、NPO法人トージバでは、有機野菜の販売について課題を抱えていました。そもそも有機野菜は地方では全然売れない。地方では有機野菜を食べたければ自分で作れるし、もらえるし、交換もできる。わざわざ誰も買わないわけです。

じゃあ、地元で売れない野菜をどこで売るかと言うと、近くの大都市ということになる。東京は一大商圏ですから、買いたい人も売りたい人もいる。ただ、売り買いだけじゃなくて、農家さんが直接言葉で伝える事が出来て、お客さんもそれを直接確認できる場所がないとダメだなと。しかも、来てもらうだけではなく、そこから都市の人を農村に送り出す「都市農村交流」が果たせる場所を作ろうってことで、このアースデイマーケットが誕生したんです。

 

──援農活動にも取り組んでいますよね?

2009年から、「週末農風」という援農活動を行っています。これはアースデイマーケットに参加してくれている農家さんのところ
にお手伝いに行くんですが、3月〜11月くらいまで、毎月1〜2本のペースで、最近では、千葉、茨城、栃木、山梨、静岡の農家さんのところに行っています。

正直な話をすると、アースデイマーケットで10回買い物をするよりも、1回農家さんの所に行く方が、遥かに理解度が高まるんですよ。もちろん、アースデイマーケットにきて農家さんとお話するのは、本を読むよりは遥かにましだと思うんですけど(笑)。だから、ここ(マーケット)は、”窓”みたいなものだと思っています。ここをきっかけに農家さんのところに行って欲しい。それが実現して、初めてこのマーケットが役に立ったと思える感じですね。


Photo: Masahiro Ihara
Text: Moriyuki Hatayama (Partisan)

関連記事

アクセスランキング

  1. ソーラーシェアリング入門 アースジャーナル vol.05 発売
  2. 全米が注目!最新農業都市モデル「アグリフッド」
  3. 家賃3万円の別荘!? 週末田舎暮らしで移住体験!
  4. あの有名店シェフ2人が、新プロジェクトを始動!?
  5. メガソーラーがムラを救う! 農地再生プロジェクト
  6. 世界で餓死する4万人を救う流行の最先端アプリとは
  7. 日本に根付く天然資源「稲わら」の活用法とは?
  8. 自然の恵みを感じよう! 森の中で楽しく暮らすコツ
  9. 憧れの田舎暮らし! 移住体験ができる人気宿7選!
  10. 無料の“農業ワーキングホリデー”で農家体験してみる?
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.05 / ¥500
2017年9月30日発行

お詫びと訂正