食・農活

観光客年間300万人! 米セントヘレナの食文化

アメリカでは都市でも地方でも地域活性につながる、農業ムーブメントが起こっている。今回はセントヘレナ島で行われている取り組みについて紹介する。

小さな村に世界から人が集まる
ワインと食のイノベーション

米カリフォルニア州セントヘレナは、人口6000人ほどの小さな村でありながら、数多くのワイナリーが集まる代表的なワインの産地。

19世紀後半以降、ワインの生産が盛んになるにつれて、食文化も多様に進化してきた。地元の食材を活かした料理の数々は、上質なワインとともに米国内外のグルメたちを魅了。この村を訪れる観光客は年間300万人にのぼる。

ワインと食をゆったり楽しむ地域として人気を集め、アグリツーリズムの地として栄えてきたセントヘレナは、近年、食の研究拠点としても注目されている。2015年2月には、食に特化したビジネススクールが開校。シェフやデザイナー、起業家ら、多様な人材が集まり、地元の農業と豊かな食文化、テクノロジーを融合させた、新しい食のビジネスモデルを生み出しはじめている。

aj_sai20161220_002


文/Yukiko Matsuoka

関連記事

アクセスランキング

  1. ソーラーシェアリング入門 アースジャーナル vol.05 発売
  2. 全米が注目!最新農業都市モデル「アグリフッド」
  3. 家賃3万円の別荘!? 週末田舎暮らしで移住体験!
  4. あの有名店シェフ2人が、新プロジェクトを始動!?
  5. メガソーラーがムラを救う! 農地再生プロジェクト
  6. 世界で餓死する4万人を救う流行の最先端アプリとは
  7. 日本に根付く天然資源「稲わら」の活用法とは?
  8. 自然の恵みを感じよう! 森の中で楽しく暮らすコツ
  9. 憧れの田舎暮らし! 移住体験ができる人気宿7選!
  10. 無料の“農業ワーキングホリデー”で農家体験してみる?
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.05 / ¥500
2017年9月30日発行

お詫びと訂正