地方・移住・旅

自作営農型農園、女子会……魅力溢れる有田川町!

和歌山県有田川町は活気ある人々と美しい棚田の町。その中から今回は魅力的な人々をご紹介!

和歌山県有田川町の多彩な
地域おこし、なう。

和歌山県の中部にある有田川町は、人口約2万7000人の山間にある町だ。

名産はみかんと美しい棚田などだが、本誌読者なら2014年に同町でスタートした、アメリカ・ポートランドを手本とする住民主体の町づくりプロジェクト「有田川という未来ARIDAGAWA2040」を挙げた方が、ピンとくるかもしれない。

今回、そんな有田川町を訪れたのは、別のイベントで知り合った、地元の活性化について、やけに〝熱く〞語る若い役場職人が印象的だったから。彼のアテンドで、独自のアプローチで地域の活性化に取り組むキーパーソンを訪ね、さまざまな話を伺うことができた。

共通して感じたのは、(先の若き役場職員も含め)そのバイタリティだ。みなそれぞれがごく自然体でありながら、驚く程のパワーの持ち主ばかりなのだ。短い滞在で、同町の魅力のほんの一部を垣間みたに過ぎないけれど、帰る頃にはすっかりこの地のファンになってしまった。

イチから自分でソーラー

みかん農家「三孝農園」三枝孝裕さんは、倉庫に10kWのソーラーシステムを設置したことをきっかけに、みかん畑の日照条件に着目。
約一反の畑にソーラーシェアリング設備を自作してしまった。

ej_aritagawa_20161220_02

女子力POWER UP中!!

「女子力」を地域に活かそうと立ち上がり、風情あるゲストハウス「もらいもん」を始めた楠部睦美さん。仲間と「有田川女子会UP Girls」を立ち上げ、ヨガのワークショップやウォーキングイベントなどの活動も行っている。

ej_aritagawa_20161220_01


text: Moriyuki Hatayama(partisan)

※『EARTH JOURNAL』vol.3より転載。

関連記事

アクセスランキング

  1. 女子会にデート……都内で人気の野菜推しカフェ4選!
  2. 憧れの田舎暮らし! 移住体験ができる人気宿7選!
  3. 家賃3万円の別荘!? 週末田舎暮らしで移住体験!
  4. ソーラーシェアリング特集号「アースジャーナル」予約フォーム
  5. 2050年までに電力自給率100%! 檮原町の課題は?
  6. 日本に根付く天然資源「稲わら」の活用法とは?
  7. 脱サラして神社で農業を始めた男、田舎暮らしの魅力
  8. 京都の「自給自足カフェ」が人気なワケ
  9. 試しに1年間だけ、田舎暮らしを体験してみませんか?
  10. スマホで農園のオーナーに!”おいしい”アプリ登場
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.05 / ¥500
2017年9月30日発行

お詫びと訂正