投稿一覧

岩手県のトピックとして注目したいのは「食」についてだ。この秋新たな品種のお米を販売したり、2つ星レストランのオーナーシェフが岩手県の希少食材を料理するキャンペーンが行われたりと、文字を見ているだけでお腹が空きそうな「食」に関する話題が盛りだくさんだった。

岩手県の二つ星レストランで新米や希少食材を堪能!

「場所がない」「忙しい」「やり方がわからない」――こんな理由で農業や家庭菜園を諦めている人がいたら、ちょっと待ってほしい。そうした悩みを持った人でも気軽に〝農〞を体験するための選択肢がいま、増えてきている。

都市部で広がる “農的ライフスタイル”

ドイツでは生活の一部になっているクラインガルテン。家に庭がない場合でも、都会で庭とは無縁の生活をしている人でも、誰もが安らげる小さな庭を持つことができるのだ。

激安で手に入るドイツの庭「クラインガルテン」って?

「森の中に住みたかっただけ」都会から離れ、森で自然と共存する加藤さん。森での暮らしのコツは、自分が楽しめることをやること。森を楽しみ、森から学ぶことで、豊かな心が育まれる。

自然の恵みを感じよう! 森の中で楽しく暮らすコツ

環境キュレーター・末吉里花の気になることレポート『Rikannection』。 連載第1回目は、グローヴァル・ヴィレッジ代表のサフィア・ミニーさんに"素敵"の秘密を聞いちゃいました。

表現するメディア「フェアトレードファッション」とは?

ワールドシフトネットワークジャパン代表理事の谷崎テトラによる連載コラム「ニューブリードの時代」。省エネルギー、完全リサイクルの江戸時代へと回帰した日本での暮らしは、1日3時間半働けば暮らせる晴耕雨読の生活。必要なモノは簡単につくれる自給自足社会。こういった未来はおこりえるのだろうか?

2050年は江戸時代?未来に生きるための農業の在り方。

一般社団法人エディブル・スクールヤード・ジャパン代表の堀口博子さんによる、「食と人のより良い関わり方」を見つけるための連載コラム。第1回は、北カリフォルニアでの出会いを振り返る。

かつて都市にいた若者達が、農業を選ぶ理由

必要なのはガラス容器に材料を詰め込むだけ! 誰でも簡単に手作りすることができると話題のグリーンアイテム「テラリウム」。 お気に入りを見つけて、自分だけの箱庭を楽しもう。

ガラスの中で育てる!お洒落な「テラリウム」4選

1 2 3 4

アクセスランキング

  1. 初めての家庭菜園、ミントを育ててモヒートを作ろう
  2. 憧れの田舎暮らし! 移住体験ができる人気宿7選!
  3. 2050年は江戸時代?未来に生きるための農業の在り方。
  4. 自然の恵みを感じよう! 森の中で楽しく暮らすコツ
  5. 全米が注目!最新農業都市モデル「アグリフッド」
  6. 連続テレビ小説「ひよっこ」有村架純、もう1つの顔
  7. 注目のサステナブル住居、オランダで自給自足生活!
  8. 領土問題の解決法!?「積極的平和」でピース実現!
  9. 100人いれば100通りの意味「アグロエコロジー」って?
  10. 禁煙やさぐれ環境ライターのエコプロレポート!
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.06 / ¥1000
2018.11.30 発売

お詫びと訂正