投稿一覧

ロンドンでは、学校給食にサステナブル・シーフードを取り入れている。子どものうちからサステナブル・シーフードの教育を受けることで、食の大切さや環境問題についても意識を高めることができるのだ。

イギリスで広がるサステナブル教育って? 給食にも注目!

『愛着をもって使い続けられるモノを届けたい』という思いから始まったセレクトショップ・ZUTTO。時代に左右されないシンプルなデザイン、素敵な背景をもつモノ、環境に負担をかけないオーガニックな素材のモノなど、自信を持っておすすめできる、こだわりの詰まったモノだけを並べている。今回はそのラインナップの一部をご紹介。

「ズット」使える!こだわりの一品をあなたに

インターネットが普及した今だからこそ実現できる画期的な農園・水産アプリが続々登場。農園・養殖場のオーナーになって、自宅で生産者さんを応援しながら新鮮な生産物を楽しめる!

スマホで農園のオーナーに!”おいしい”アプリ登場

2017年8月19日(土)に、おひさまマルシェ 2017 「ライブエナジー~自然エネルギーを応援するライヴ~」が、小田原城址公園 二の丸広場特設ステージにて開催される。

自然エネルギーを音楽で応援!スペシャルライブ開催

「田舎暮らしをしたい」。そんな願いを持ちつつも現実的にかなわないという人は、都市生活者に少なくない。それなら、マルチハビテーション(多拠点生活)という選択はどうだろう?都市に住みつつも田舎暮らしが出来る、新たな生き方をご提案。

都市に住みながら「田舎暮らし」ができる!?

見て楽しむから、もう一歩“農的”なところに踏み込んで、お茶の時間や食卓をともにする。食べられる花「エディブルフラワー」を、暮らしに取り入れてみる提案です。

エディブルガーデニングを自宅で始めよう!

カリフォルニアの名高きレストラン「シェパニーズ」で出会った2人が日本で起こすアクション。毎日の「食」の背景について、どれだけのことを知っているだろう?どこで育ち、誰がどんな思いで届けてくれた食材なのか。今回お届けするのは大人だからこそ知っておくべき“おいしさ”の源のたどり方だ。

あの有名店シェフ2人が、新プロジェクトを始動!?

世界中から注目を集めているオランダの住居コミュニティ「リージェン・ビレッジ」。現代人が快適に生活できる水準でありながら、食やエネルギーの自給自足を可能にしている。持続可能な、よりよい未来を志向する住居モデルとして、今後も広がりを見せていくことになるだろう。

注目のサステナブル住居、オランダで自給自足生活!

アメリカで生まれた「タイニーハウス(=小さな家)」ムーブメントが、日本でもじわじわと浸透中だ。ここでは、移住したら農作業の間にちょっとツカえる「小屋」を紹介しよう。あなたならどう使う?

全国で大流行! 移住で叶える憧れの“小屋暮らし”

都会での生活から一転、田舎に移住して農業を始める。難しそうでも、一歩踏み出してみたら意外とうまくいったりするんじゃない?人や地域、自然との強いつながりを感じながら、農的暮らしにどっぷりと浸かってみよう。

脱サラして神社で農業を始めた男、田舎暮らしの魅力

1 2 3 4

アクセスランキング

  1. 初めての家庭菜園、ミントを育ててモヒートを作ろう
  2. 2050年は江戸時代?未来に生きるための農業の在り方。
  3. 領土問題の解決法!?「積極的平和」でピース実現!
  4. 全米が注目!最新農業都市モデル「アグリフッド」
  5. 自然の恵みを感じよう! 森の中で楽しく暮らすコツ
  6. 激安で手に入るドイツの庭「クラインガルテン」って?
  7. 憧れの田舎暮らし! 移住体験ができる人気宿7選!
  8. 日本が世界に誇る伝統の農業! 世界農業遺産とは?
  9. アート・音楽・食の大型フェス、追加情報発表!!
  10. 原発ゼロはできると確信 小泉純一郎元首相が訴える
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.06 / ¥1000
2018.11.30 発売

お詫びと訂正