エネ活・最新技術

パリで太陽光パネル義務化の法律が可決!

商業地区に新築されるビルの屋上に、太陽光パネル設置か植物植え付けを義務付ける法律が、2015年3月にフランスで可決された。

古い伝統建造物を使い続けるフランスは、日本よりも新築の数は少なく、新築に限らず環境に配慮した政策は数々行なわれている。

ハ-リイチコ-2

パリ市とその外郭団体・パリ経済開発局「Paris&CO(パリスアンドコー)が進める都市緑化政策「革新的な緑化プロジェクト」では、30のユニークな案が採用された。2015年3月から翌10月まで大手百貨店ギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマン店は、1000m²ある屋外テラスでイチゴ、食用花など2万1000株を栽培する。収穫した作物は同企画に賛同するパリ市内の飲食店に運ばれ食材になる。

sjFRCsasikae

Galeries Lafayette
http://haussmann.galerieslafayette.com/ja/


文/加藤亨延

関連記事

アクセスランキング

  1. 続・農業×エネルギー完全読本! アースジャーナル vol.06 発売中!
  2. この秋おすすめ! マルシェ&ファーマーズマーケット
  3. 入場券をプレゼント!バラとガーデニングショウ開催
  4. 憧れの田舎暮らし! 移住体験ができる人気宿7選!
  5. 都市の人たちが、農村に向かう目的を作るには。
  6. メガソーラーがムラを救う! 農地再生プロジェクト
  7. ビニールハウス内の有機野菜レストランが大評判!
  8. 発電所完成まで丸7年。再エネで「エコなまちづくり」
  9. 荒れ果てた8千枚の棚田が、破天荒な方法で復活へ
  10. 温暖化対策 ジュネーブ会議の成果はいかに?
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.06 / ¥1000
2018.11.30 発売

お詫びと訂正