エネ活・最新技術

パリで太陽光パネル義務化の法律が可決!

商業地区に新築されるビルの屋上に、太陽光パネル設置か植物植え付けを義務付ける法律が、2015年3月にフランスで可決された。

古い伝統建造物を使い続けるフランスは、日本よりも新築の数は少なく、新築に限らず環境に配慮した政策は数々行なわれている。

ハ-リイチコ-2

パリ市とその外郭団体・パリ経済開発局「Paris&CO(パリスアンドコー)が進める都市緑化政策「革新的な緑化プロジェクト」では、30のユニークな案が採用された。2015年3月から翌10月まで大手百貨店ギャラリー・ラファイエット・パリ・オスマン店は、1000m²ある屋外テラスでイチゴ、食用花など2万1000株を栽培する。収穫した作物は同企画に賛同するパリ市内の飲食店に運ばれ食材になる。

sjFRCsasikae

Galeries Lafayette
http://haussmann.galerieslafayette.com/ja/


文/加藤亨延

関連記事

アクセスランキング

  1. 憧れの田舎暮らし! 移住体験ができる人気宿7選!
  2. 家賃3万円の別荘!? 週末田舎暮らしで移住体験!
  3. 100人いれば100通りの意味「アグロエコロジー」って?
  4. 領土問題の解決法!?「積極的平和」でピース実現!
  5. 2050年は江戸時代?未来に生きるための農業の在り方。
  6. 女子会にデート……都内で人気の野菜推しカフェ4選!
  7. 日本に根付く天然資源「稲わら」の活用法とは?
  8. 自然の恵みを感じよう! 森の中で楽しく暮らすコツ
  9. 半農半X――加藤登紀子とYaeの生き方
  10. 全米が注目!最新農業都市モデル「アグリフッド」
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.06 / ¥1000
2018.11.30 発売

お詫びと訂正