食・農活

見て楽しむから、もう一歩“農的”なところに踏み込んで、お茶の時間や食卓をともにする。食べられる花「エディブルフラワー」を、暮らしに取り入れてみる提案です。

エディブルガーデニングを自宅で始めよう!

いざ、ガーデニングを始めようとしても、道具の置き場所にちょっと困ってしまうことありませんか?そんなモヤモヤ解消に役立つ、インテリアにもなる6つのガーデニングアイテムを編集部が集めました!

インテリアにも使える! オシャレ園芸アイテム6選

ボトルキープならぬミートキープができるお店、1時間で九州の野菜が届くサービス、若手の新規就農者の野菜だけを売るお店……。個性豊かな「食のお買い物事情」を紹介します!

スマホでマルシェ!? 食のお買い物がおもしろい!

東日本大震災をきっかけに、フレンチの料理人と自然栽培の農家が出会い、レストランの経営方法も変わっていった。”レストランHagiの好みを完全に理解し届けてくれる野菜の魅力を伝えていきたい”(萩春朋氏)高品質な食体験への挑戦は、力強く続いていく。

東日本大震災をきっかけに始まった農家とシェフの語

カリフォルニアの名高きレストラン「シェパニーズ」で出会った2人が日本で起こすアクション。毎日の「食」の背景について、どれだけのことを知っているだろう?どこで育ち、誰がどんな思いで届けてくれた食材なのか。今回お届けするのは大人だからこそ知っておくべき“おいしさ”の源のたどり方だ。

あの有名店シェフ2人が、新プロジェクトを始動!?

野菜もフルーツも、日本人は甘さが強いものを好むという。「甘みは旨み」。まさにそう感じさせる革新的なトマトが「オスミックトマト」だ。

まさにフルーツ! 驚きの甘さの高糖度トマト

都会での生活から一転、田舎に移住して農業を始める。難しそうでも、一歩踏み出してみたら意外とうまくいったりするんじゃない?人や地域、自然との強いつながりを感じながら、農的暮らしにどっぷりと浸かってみよう。

脱サラして神社で農業を始めた男、田舎暮らしの魅力

新潟県内野町にある「つながる米屋 コメタク」では、お米を売ることに加えて、お米を通じて人や地域とつながる活動にも取り組んでいます。いったいどんなことをしているのか、中心メンバーである吉野さくらさんにお話を伺いました。

米屋を通して人がつながる「つながる米屋 コメタク」

見て嬉しくて、育てて楽しくて、食べて美味しい。そんな食べられるお庭「エディブルガーデン」をやってみたくても、お庭がなくて諦めている人もいるのでは? そこで、ベランダ派&初心者向けに寄せ植えでつくるエディブルガーデンのはじめかた、聞いてきました!

ベランダでひと鉢から、エディブルガーデンの始め方

瑞々しく香る新緑に心浮き立ち始めるこの季節。暖かくなってくると私たちの身体の中も、生の野菜を迎える準備が整ってきます。「あ、おいしい野菜が食べたい!」とふとした瞬間に感じる方も多いのでは? 今回はそんな正直な身体の声に応えてくれる、おいしい野菜をたくさん食べられる都内のお店を紹介します。

女子会にデート……都内で人気の野菜推しカフェ4選!

1 2 3 4 9

アクセスランキング

  1. 続・農業×エネルギー完全読本! アースジャーナル vol.06 発売中!
  2. 入場券をプレゼント!バラとガーデニングショウ開催
  3. 若者とおばあちゃんが起こすICTを使った町おこし
  4. ペロペロキャンディの棒を土に埋めるとラベンダーが収穫できるって本当?
  5. 地ビールの先駆者から学ぶ とっておきの“原料”
  6. 雑誌『アースジャーナル』vol.03 発売中!
  7. 大好評! 農業体験ができるサイクリング・ツアー!
  8. 47都道府県が味わえる新感覚レストランが銀座に登場
  9. 憧れの田舎暮らし! 移住体験ができる人気宿7選!
  10. 日本に根付く天然資源「稲わら」の活用法とは?
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.06 / ¥1000
2018.11.30 発売

お詫びと訂正