エネ活・最新技術

100%ソーラー発電とバイオダイナミック農法を実践するワイナリー、アンペロスは、脱サラ後の夫婦が第3の人生として経営している。小誌でハリウッドセレブ取材を担当する現地ライターから、アメリカの農的生活について。

エネルギー兼業農家 in USA 持続可能なワイナリー

地球に優しいだけじゃ、つまらない。私たちの生活は、もっとオモシロいものになるべきだ。 日本では出会えない海外の“クール”なガジェットを紹介!

筋トレしながら電気を作る机!? 世界のアイデア品

高層ビルがひしめくニューヨークに、一際背の高いビルがある。47階建てのビルの屋上には、一面に敷き詰められた太陽光モジュール。取材に対応してくれたのは、まだ若きオーナーだった。

若きビルオーナーが 決意した“Go Green”ビジネス

エネルギーも地産地消が求められる時代。そのカギを握るのは「市民の力」だ。震災以降、地域でつくる地域のための電気「ご当地エネルギー」が徐々に増えている。

市民と電気のチカラで農地が美しくなる!

今や世界のエネルギーのメインストリームとなった再生可能エネルギー。 スマートエネルギーのテストプラットフォームとして建てられた家を買ったヨーゲンショー一家を取材。それは「究極にエコなライフスタイル」への旅の出発点だった。

ストックホルムの郊外で 夢見たエコライフ生活

ウシの糞を燃料にして走るバス“ハウンドバス”が公共用定期運転バス分野での世界最高時速を記録した。

バスの燃料はウシの糞! 世界最高時速達成!

日本で再エネ活用を広げて行くため、再エネへの理解を人々へ促す取り組みは欠かせない。

グリーンパワーサミット、まもなく開催!

発展途上国の子供たちが学校に持って行く黄色いカバン。そこには教育環境を変えるアイデアが隠されていた。

子供たちが使うカバンが、ソーラーで光る机に変身!

オアシスがあるリワ砂漠はUAE屈指の砂漠リゾート地区として有名。 写真のエコハウスはまだ考案段階だが、見ているだけでワクワクするデザインだ。

産油国アラブの砂漠に太陽光自立型エコハウス登場!?

商業地区に新築されるビルの屋上に、太陽光パネル設置か植物植え付けを義務付ける法律が、2015年3月にフランスで可決された。

パリで太陽光パネル義務化の法律が可決!

1 2 3 4 5

アクセスランキング

  1. 領土問題の解決法!?「積極的平和」でピース実現!
  2. 自然の恵みを感じよう! 森の中で楽しく暮らすコツ
  3. 憧れの田舎暮らし! 移住体験ができる人気宿7選!
  4. 100人いれば100通りの意味「アグロエコロジー」って?
  5. 【11/19まで】次世代漁業ライフ&ビジネス専門誌『FISHERY JOURNAL』支援者様募集中!...
  6. 全米が注目!最新農業都市モデル「アグリフッド」
  7. 千葉県八街市で収穫! 週末菜園クラインガルテン
  8. 陸上養殖の搬送に最適! 「圧力用高密度ポリエチレン管」の強みとは?
  9. 日本が世界に誇る伝統の農業! 世界農業遺産とは?
  10. 自転車をこいで発電、囚人の刑期短縮に!?
SDGsTV 緑のgoo

雑誌

「EARTH JOURNAL」

vol.06 / ¥1000
2018.11.30 発売

お詫びと訂正